鴨川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨川町
廃止日 1971年3月31日
廃止理由 新設合併
鴨川町江見町長狭町鴨川市
現在の自治体 鴨川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
団体コード 12471-1
面積 59.94km2
総人口 18,047
(1970年)
隣接自治体 安房郡江見町、長狭町、天津小湊町
君津郡君津町
鴨川町役場
所在地 千葉県安房郡鴨川町
 表示 ウィキプロジェクト

鴨川町(かもがわまち)は、かつて千葉県長狭郡(のちに安房郡)に存在した町。現在の鴨川市の中部に位置し、その中心地区にあたる。

長狭郡地域の行政中心地として、また物資集散地として発展した町である。本項では、1889年(明治22年)に町村制施行により編成された鴨川町(初代)昭和の大合併の際に新設合併で成立した鴨川町(2代目)について扱う。現在の自治体である鴨川市は、1971年(昭和46年)に鴨川町など3町が合併し新設されたものである。

地理[編集]

現代の鴨川地区(2014年)。魚見塚展望台から北方向の眺望。左手奥から右手前に加茂川が流れる。写真が中央に捉えているのが横渚で、右手前に橋(加茂川橋)が架かっているのが見える県道247号付近より海側が前原。加茂川右岸(写真左手から手前)がおおむね貝渚である。

鴨川市域の中部に位置しており、現在の鴨川市役所や鉄道駅(安房鴨川駅)を擁する中心地区にあたる。鴨川市域を町村制施行当時の町村(旧町村)によって12地区に区分する場合、初代鴨川町域が「鴨川地区」と呼ばれる[1]。現在の大字では貝渚(かいすか)・磯村(いそむら)・前原(まえばら)・横渚(よこすか)が「鴨川地区」に含まれる[1][注釈 1]

鴨川市域を、鴨川市成立時およびその後の合併時の町村によって4地区に区分することもあり、この場合の「鴨川地区」は鴨川町(2代目)の範囲である。この「鴨川地区」には田原西条東条・鴨川の4つの旧町村が含まれる。

1926年(大正15年)時点の鴨川町(初代)は、西に田原村、南は峯岡山脈を隔てて太海村曽呂村、北に西条村東条村と接していた[3]:1093。当時は全町を大浦[注釈 2]・川口・貝渚・前原・横渚の5区に分けていた[3]:1093

歴史[編集]

前近代[編集]

鴨川町域は、前近代には安房国長狭郡に属していた地域である。平安時代末期、石橋山の戦いから安房へ逃れた源頼朝を、長狭郡の長狭常伴が襲撃して逆に討たれた。貝渚にある一戦場(いっせんば)[注釈 3]がその戦場であると伝えられている。

近世、海岸沿いの前原・貝渚には伊南房州通往還が通り、町場が発展した。磯村は往年戸数700を数えた著名な漁村であったが、浸食によって土地が削られ(弁天島もかつては陸続きであったという)、住民の多くは貝渚に移住した[3]:1094

前原はもともと横渚の前面(海側)の原野であったためにこの名がある[3]:1094寛永19年(1643年)に町として成立した(町名取立)[3]:1094延宝年間(1673年 - 1681年)には紀伊国栖原村[注釈 4]からマカセ網漁(イワシの漁法)が移入され[3]:1095、漁業の拠点として、また干鰯の生産拠点として繁栄した [4]元禄16年(1703年)の元禄地震までには600軒以上の民家が立ち並んでいたと伝えられるが、津波によって「前原一村ことごとく流れ、溺死千三百人、流失千軒」(牧野家文書「児安惣次左衛門万覚書写」)と記されるような壊滅的な被害を受けた[4]。前原は長らく独立の村ではなく横渚村の一部とされていた[5]

宝暦4年(1754年)、のちの鴨川町域一円は大岡忠光(当時は上総国勝浦藩主、のち藩庁を移転し武蔵国岩槻藩主)の領地となった[3]:1095。以後、岩槻藩大岡家が幕末まで当地の領主であった。安房国内にほかにも散在する飛び地領を支配するため、岩槻藩は取締出張所(前原陣屋とも[6])を蔵の台(米倉稲荷神社付近。現在の鴨川市横渚字蔵ノ台[注釈 5])に設けた[6]

近代[編集]

安房郡域の町村制施行時の町村
(※1897年に平郡・朝夷郡・長狭郡を安房郡に編入)
1.北条町 2.館山町 3.豊津村 4.西岬村 5.富崎村 6.長尾村 7.豊房村 8.神戸村 9.館野村 10.九重村 11.稲都村
平郡】21.凪原村〔のち那古町〕 22.船形村 23.八束村 24.富浦村 25.岩井村 26.勝山村 27.保田村 28.佐久間村 29.平群村 30.滝田村 31.国府村
朝夷郡】41.白浜村 42.七浦村 43.曦村〔のち千倉町〕 44.健田村 45.千歳村 46.豊田村 47.丸村 48.北三原村 49.南三原村 50.和田村 51.江見村
長狭郡】61.太海村 62.大山村 63.吉尾村 64.由基村〔のち主基村〕 65.田原村 66.鴨川町 67.曽呂村 68.西条村 69.東条村 70.天津村 71.湊村〔のち小湊町〕
現在の行政区画
赤:館山市 桃:鴨川市 紫:南房総市 橙:鋸南町

町村制以前[編集]

慶応4年/明治元年(1868年)、遠江国横須賀藩3万5000石の藩主であった西尾忠篤が長狭郡一帯の領主として移された。花房村(現在の鴨川市花房)を将来の城地と定めたため花房藩と称したが、仮藩庁として蔵の台にあった元の岩槻藩取締出張所を使用した[7][注釈 6]。明治4年(1871年)7月の廃藩置県によって花房藩は廃止されたが(同年11月に木更津県に編入、1873年(明治6年)に千葉県の一部となる)、前原はその後も安房東部の行政の中心地として役割を果たすことになる。明治5年(1872年)に大区小区制が敷かれると、木更津県第二大区(朝夷郡・長狭郡を管轄)の大区扱所が前原に置かれた[3]:65[注釈 7]

1874年(明治7年)、横渚村から前原町が分村した[5]。江戸時代後期から前原の分村を求める動きがあったが、これが実現したものである[5]

1878年(明治11年)、千葉県に郡区町村編制法が施行された。郡レベルの広域行政組織として、北条町に安房平朝夷長狭郡役所が置かれたが、1880年(明治13年)長狭郡など[注釈 8]を管轄する郡役所出張所が前原に設けられた[3]:497[注釈 9]

町村レベルの行政組織として、前原町は単独で戸長役場を置き、また貝渚村・磯村の連合(連合戸長役場)と、横渚村・滑谷村の連合が成立した[5]。1884年(明治17年)に戸長役場の管轄変更が行われると、前原町・横渚村・滑谷村が連合した[5]

鴨川町(初代)[編集]

現代の加茂川(2011年)。河口付近から西(上流方向)。右(北)が前原、左(南)が貝渚

1889年(明治22年)、町村制の施行にともない、前原町・横渚村・貝渚村・磯村が合併して鴨川町が発足した[5][注釈 10]。「鴨川町」という町名は発足に際して新たに定められたもので、町域を加茂川を流れていることから来ている[5][8]

『明治22年千葉県町村分合資料』に記載された鴨川町の「新町名撰定ノ事由」によれば、4町村のうち最も著名な前原町の名をそのまま新町名とする案があったものの、資力や戸数で貝渚村に及ばないことから、前原町と貝渚村の間を流れる加茂川の名を採ったという経緯が記されている[5]

このほか、「加茂(賀茂)」が長狭郡所在の郷として平安時代成立の『倭名類聚抄』(『倭名抄』)にも記載される由緒ある地名であること(加茂郷の正確な所在地は不明であるが、加茂川が流れるこの地域にあると考えられた)も参照された[5][9][8]。「加茂川」ではなく「鴨川」としたのは、字数・字体を整えるためのようである[5][8][注釈 11]

安房鴨川駅前における房総東西線全通祝賀式(1929年)

1925年大正14年)、北条線(現在の内房線にあたる)の太海駅 - 安房鴨川駅間が延伸開業し、安房鴨川駅が開業。1929年(昭和4年)には房総線(現在の外房線にあたる)の上総興津駅 - 安房鴨川駅間が延伸開業し、房総半島を一周する線路がつながった。

鴨川町(2代目)[編集]

1954年昭和29年)、鴨川町は田原村西条村東条村と合併し、鴨川町(2代目)が新設された。新自治体名に鴨川町が採用されたのは「鴨川町は長狭地方における経済、交通、文化の中心であるばかりでなく、房州の観光地として全国的に有名なところであるので、それを町名とすることは新町全体の発展という見地から見ても適当」とされたためである[8]

1970年鴨川シーワールドが開業。リゾート地区としての開発が加速することになる。

1971年(昭和46年)、「三万市制特例法」[注釈 12]のもと、鴨川町・江見町長狭町が合併し、新設された鴨川市の一部となった。

行政区画・自治体沿革[編集]

社会[編集]

経済[編集]

1888年(明治21年)に記された『明治22年千葉県町村分合資料』によれば、前原町は商業と漁業、その他の村は漁業と農業で生計を立てていたとある[5]

1926年(大正15年)発行の『千葉県安房郡誌』において、鴨川町は「安房第二の名邑」を称している[3]:1096。住民の生業としては漁業が最も多く、商業がこれに次ぐとしている[3]:1096。同書では海産品としてイワシカツオサバサンマアジを挙げ[3]:1096、商業は旧長狭郡一帯の物資集散地としての活発な活動が記されている[3]:1096

1971年(昭和46年)、鴨川市発足時の鴨川町について、農業と漁業が盛んであるとともに、旧長狭郡の経済の中心地・物資の集散地として商業で繁栄していたこと、また、観光拠点としても発展を見せていたことが特徴として挙げられている[9]

交通[編集]

鉄道[編集]

人物[編集]

おもな出身者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 大字の読みは日本郵便の郵便番号検索[2]による。
  2. ^ 出典には「太浦」とある[3]:1093
  3. ^ 現在は魚見塚一戦場公園が整備され、魚見塚展望台が設けられている。
  4. ^ 現在の和歌山県有田郡湯浅町栖原。
  5. ^ 『房総における近世陣屋』には前原陣屋所在地の現在の地名として「横渚字蔵ノ台」「前原字蔵ノ台」「字蔵之台」などの表記が混在している[6]。陣屋がその付近にあったとされる「米倉稲荷神社」の現在の住所は横渚である。
  6. ^ この藩庁を指して「花房城」と称する文献もあるが[3]:856、花房藩は花房村で築城を試みている[7]
  7. ^ この第二大区は1875年(明治8年)に第一大区(安房郡・平郡)と合併された[3]:497
  8. ^ 長狭郡以外では江見村北三原村など[3]:497
  9. ^ 「郡役所派駐所」ともある[3]:497。実際の開庁は翌1891年(明治14年)1月4日で、当初は前原町の伊藤甚右衛門宅の離れ座敷を借用した[3]:497。1886年(明治19年)より庁舎の新築工事が始まり、1889年(明治22年)に落成した。なお、前原出張所の庁舎はその後天津町に売却され、1926年(大正15年)時点では天津町役場庁舎として使用されていた。
  10. ^ 滑谷村は西条村の一部となった
  11. ^ 『明治22年千葉県町村分合資料』に記載された鴨川町の「新町名撰定ノ事由」では、“特に理由はないが良い字に改めた”(原文「其文字ヲ改メシハ他ノ理由アルニアラズ、字体ヲ宜シカラシメガ為ナリ」)と書かれており、後にその部分に打ち消し線が引かれて体裁が整えられた。現在の鴨川市ウェブサイトでは「鴨川」という自治体名の由来について、加茂川がそもそも京都の鴨川に似ているとされた説などを紹介してはいるものの「諸説がありますが確かなことはわかっていません」としている[9]
  12. ^ 昭和45年3月12日施行。地方自治法第8条では市の要件として人口が5万人以上であることなどを挙げているが、合併促進のために一定期間の間、合併後の人口が3万人以上であれば市となれるとするなど、市となる要件を緩和するもの。

出典[編集]

  1. ^ a b 大字別世帯数および人口 (pdf)”. 鴨川市統計書 平成28年版. 鴨川市役所. pp. 18-19. 2018年4月1日閲覧。
  2. ^ 郵便番号検索
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 千葉県安房郡教育会 編 『千葉県安房郡誌』 千葉県安房郡教育会、1926年
  4. ^ a b 第2章 津波供養塔を訪ねて (pdf)”. 千葉県. 2018年4月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 「鴨川町」『明治22年千葉県町村分合資料 十八 長狭町村分合取調』、35-40頁。2018年4月1日閲覧。
  6. ^ a b c 前原陣屋 (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. p. 91 (2013年3月). 2018年4月15日閲覧。
  7. ^ a b 花房陣屋 (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. p. 82 (2013年3月). 2018年4月1日閲覧。
  8. ^ a b c d 鴨川市・天津小湊町合併協議会 第3回会議 説明資料 (pdf)”. 鴨川市・天津小湊町合併協議会. 2018年4月1日閲覧。
  9. ^ a b c 旧鴨川市の過去と市政の歩み”. 鴨川市役所 (2014年11月28日). 2018年4月3日閲覧。
  10. ^ “大津事件で自刃 畠山勇子のひな人形展示へ”. 房日新聞. (2010年2月22日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=3798 2018年4月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]