鈴木麗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき うららこ
鈴木 麗子
プロフィール
本名 同じ
愛称 うらら、うらん、うーさん、うり など
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
生年月日 (1975-04-28) 1975年4月28日(43歳)
血液型 A型
職業 声優ナレーター歌手
事務所 ポンテ
活動
活動期間 1997年1月19日 -
デビュー作 センチメンタルグラフティ(遠藤晶)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 麗子(すずき うららこ、1975年[注 1]4月28日 - )は、日本女性声優ナレーター歌手東京都世田谷区出身。血液型はA型。

うり [uryan]として、音楽制作ユニットへっどほんトーキョーのボーカルと作詞を担当。また、uryanとして、s.y.n.(サイン)のボーカリストを務めている。本名同じ。よく「スズキ レイコ」と間違えて呼ばれるが、読みは「うららこ」が正しい。

経歴[編集]

桜美林高等学校を経て桜美林大学卒業。大学3年生だった1997年1月19日、『センチメンタルグラフティ』の遠藤晶役でデビュー。同作同期デビューに西口有香牧島有希今野宏美岡本麻見岡田純子がいる。

デビュー当初は『センチメンタルグラフティ』の製作会社有限会社マーカスに仮所属。マーカスの倒産後は青二プロダクションに所属。その後、Velvet Managementの所属を経て暫くフリーであったが、2015年4月よりオフィスPACに所属した。現在はポンテに所属している。

人物[編集]

  • 一人っ子であり、兄弟姉妹はいない。
  • デビュー当時は実家住まいであり、実家から大学や仕事に通っていた。
  • 裕福な家庭で育っており、実家を訪れたことのある西口有香によると実家は大きな洋館であるという。
  • 兵庫県神戸市を正式住所として居住したことはないが、神戸市を20%ほど自身の出身地としている[1]。理由は、母親が神戸市内で事業を展開していて、仕事の度にくっついていく生活が続いたため[注 2]
  • 父親はアーティスト尾道大学の元非常勤講師でもあった鈴木八朗。アーティストという職業柄、その性格が娘の麗子の名前を命名する際にも影響しており、「麗子(うららこ)」「櫻子(さくらこ)」「涁子(あきらこ)」「柚(ゆず)」という、いずれも個性的な名前を候補に挙げ、その4つの中から祖父(八朗の父)が選択したと麗子本人が「onlyセンチメンタルナイト2」出演時に語っている[2]
  • 趣味・特技はパソコン(Mac)・歌・洋裁ゲームアロマテラピーなど。パソコンの技術は高く、現在の公式サイトも自分でデザインして開設したものである。
  • 資格マニアであり、いろいろな資格を所持している。主な取得資格はフードアナリスト(3級)・色彩検定2級・アロマテラピー検定(1級)・救急法救急員認定など。
  • 好きな動物はネコ
  • 仲の良い声優は西口有香池澤春菜など。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

OVA[編集]

2002年

ゲーム[編集]

1998年

2001年

2002年

2004年

2006年

2008年

2016年

2018年

ドラマCD[編集]

その他[編集]

  • ミラクルダイエッターMIYUKI[注 3] - 主題歌2曲
    • 「戦え!恋のミラクルダイエッター!」※オープニングテーマ曲
    • 「恋はミラクルエトセトラ」※エンディングテーマ曲

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 帰ってきたセンチメンタルナイト』にて今野宏美が同い年である旨を発言しており、その今野が1975年生まれであるため。
  2. ^ 「Onlyセンチメンタルナイト2」出演時に本人が発言。
  3. ^ 漫画『叫んでやるぜ!』劇中アニメで、前述漫画のドラマCD第4巻(00年発売)に、前述の劇中アニメをドラマCD化した音源を後述の主題歌と併せて収録

出典[編集]

  1. ^ 公式サイトのProfileより
  2. ^ 公式サイトでも公表しているが、公式サイトでは父親が自ら選択した旨が記載しており、過去の発言とは一部喰い違っている。 (2008年7月15日閲覧)
  3. ^ CHARACTER”. スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ. 2016年1月25日閲覧。
  4. ^ 千狐(城プロRE公式アカウント)のツイート”. twitter. 2018年10月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]