岡田純子 (声優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかだ じゅんこ
岡田 純子
プロフィール
愛称 おかじゅん
出生地 日本の旗 日本 愛知県海部郡蟹江町
生年月日 (1973-05-23) 1973年5月23日(45歳)
配偶者 あり
活動
活動期間 1995年 -
デビュー作 センチメンタルグラフティ(安達妙子)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

岡田 純子(おかだ じゅんこ)、1973年5月23日 - )は、愛知県海部郡蟹江町生まれの日本の女性声優岩手県出身[1]

一時期、朶峙 純(たおか じゅん)名義で声優活動をしていた時期がある。

人物・経歴[編集]

  • 1997年1月19日、『センチメンタルグラフティ』の最終オーディション選考会にて安達妙子役に選ばれる。「うさぎ組」と呼ばれる同作の他の5人と同様に一般公募から選ばれた採用者であるが、他の5人と違って養成所ではなく、劇団を経由していた関係でマーカス倒産後は6人の中でただ一人青二プロダクションに移籍せず、アクセントに移籍した。他の出演作に「Wind -a breath of heart-」(藤宮望 役)など。舞台活動などもこなす。
  • 高校を卒業したばかりの当初は劇団21世紀FOXに所属していた。ただし、プロとしての所属というよりも、他の声優養成所での塾生に相当する「研修生」としての所属に近い。その後、マーカスに所属。岡田の場合、一般的にはマーカス以降の所属がプロ活動として認識されている。その後、アクセント元氣プロジェクトと移り、2009年8月で元氣プロジェクトを退社、9月よりオフィス ワタナベの所属となる。2012年3月でオフィス ワタナベを退社、4月よりKAMプロモーションの所属となり同年内に退所。現在はフリーで活動中。フリー時期の2012年には代々木アニメーション学院の講師にもなっている[2]
  • 結婚を機に『センチメンタルグラフティ』の安達妙子役(初代[3])を有島もゆ(現・有島モユ)に託して降板、一旦休業する。結婚生活が落ち着いてきたころ、それまで演劇一筋の生活で学歴が高卒であることに引け目を感じていたが、夫からの勧めで大学進学を目指し、合格。当初は短大に入学したが、卒業後に大学に編入し、祈願の大学卒業を果たした。なお、出身校は高校・短大・大学共に本人の意向によって非公開となっており、本人ブログにも高校は千葉、大学は東京と所在地のみ公表している。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1995年

1996年

1998年

2002年

2004年

2006年

2007年

2008年

OVA[編集]

2004年

ゲーム[編集]

1997年

1998年

1999年

2002年

2003年

2006年

2007年

  • 許嫁セリナ・フェリクス、ジェラルディン)

2009年

2010年

舞台[編集]

  • 白のカノン(おしばい軍団もずくぁんず、2005年12月)
  • 天使は瞳を閉じて(おしばい軍団もずくぁんず、2009年2月)
  • スノウ(Liddell Project、2008年7月)

バラエティ[編集]

  • 東京マキタスポーツ(代々木アニメーション学院講師として、2014年10月)

その他[編集]

  • 自身のキャラクター名羲の曲「刻む季節」を作詞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Sentimental Graffiti ~思い出たちとの12カ月~』 ISBN 4-07-307796-1
  2. ^ カートゥーンNと代々木アニメ学院が親子声優体験イベント開催文化通信、2012年12月4日}
  3. ^ 2」のリリース以降も「1」の時代背景における作品(「1」の主人公が存命している時代の作品)には安達妙子役として引き続き出演している。

外部リンク[編集]