劇団21世紀FOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社 劇団21世紀FOX
21st century FOX
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
182-0016 
東京都調布市佐須町1-40-2
関係する人物 肝付兼太
外部リンク 公式サイト - ウェイバックマシン(2016年9月15日アーカイブ分)
テンプレートを表示

劇団21世紀FOX(げきだんにじゅういっせいきフォックス)は東京都調布市佐須町にある日本劇団

概要[ソースを編集]

主宰は俳優声優肝付兼太北村想のファンである肝付が彼の作品の上演を強く望み、1983年に当時所属していた劇団がらくた工房から独立して旗揚げ。翌1984年に第一回の舞台「十一人の少年」が公演された。

声優が多数所属していることから声優プロダクション、声優養成所というイメージが強いが、実際は舞台の公演を目的とした、れっきとした劇団である。主宰の肝付自身や所属俳優たちも、もともと声優を生業としているわけではなく、あくまでも舞台俳優のかたわら声優もこなしているというスタンスである。

北村想作品の他、肝付が声優として『ドラえもん』をはじめとする藤子・F・不二雄原作のアニメ番組に多数出演していたことから、藤子・F・不二雄が発表したSF短編作品の舞台化にも精力的に取り組んでいる。

劇団名の由来は20世紀FOXである(なお、2013年4月16日には20世紀FOXの親会社であるニューズ・コーポレーションが、20世紀FOXとは別に「21世紀FOX」という名称の新会社を設立すると発表し、同年6月28日に誕生している)。

2016年6月、第76回公演『デンガラガッタ デンガラガッタ』をもって、無期限の「充電」期間に入る事となった(企業体としてのFOXの今後については未定)。

2016年10月20日、主宰の肝付が逝去(80歳没)[1]。なお、公式サイトが削除されているため劇団側からのコメントはない。

公演実績[ソースを編集]

公演の詳細については劇団21世紀FOX公式サイトの「公演の歴史 - ウェイバックマシン(2016年9月10日アーカイブ分)(画像付き - ウェイバックマシン(2013年11月9日アーカイブ分))」を参照

主な俳優[ソースを編集]

男性[ソースを編集]

女性[ソースを編集]

かつて所属していた主な俳優[ソースを編集]

男性[ソースを編集]

女性[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]