鈴木重朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴木 重朝
時代 戦国時代から江戸時代前期
生誕 永禄4年(1561年
死没 元和9年(1623年
別名 孫三郎、孫市(通称)
主君 豊臣秀吉秀頼伊達政宗徳川家康頼房
水戸藩
氏族 雑賀党鈴木氏
父母 父:鈴木重意
兄弟 重兼重秀重朝義兼
重次重信

鈴木 重朝(すずき しげとも)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将

永禄4年(1561年)、鈴木重秀の長男として生まれたとされるが、重意(佐大夫)の子という説もあり、詳細は不明である。

石山戦争では父や弟らと共に本願寺顕如に協力して織田信長と戦うが[1]、天正13年(1585年)に羽柴秀吉(豊臣秀吉)による紀伊征伐雑賀衆が滅亡すると、秀吉の家臣として仕えた。朝鮮出兵では、肥前名護屋城の在番を務めている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍本隊に属して伏見城攻防戦の先鋒となって一番乗りを果たし、伏見城に籠もる鳥居元忠を討ち取った(伏見城の戦い)。

戦後は浪人の後に伊達政宗に仕え、後に政宗の仲介により慶長11年(1606年)に徳川家康に直臣として3000石で召抱えられ、しばらくして水戸徳川家徳川頼房旗本として付けられた。元和9年(1623年)に死去した。享年63[2]

なお、雑賀党の首領は代々「雑賀孫一」を名乗ることが慣例となっていた。孫一は「孫市」とも書かれることもあり、さらに孫市と孫一は全くの別人だったとする説もある。また、鈴木氏は重朝・重秀ら優秀な人物が石山戦争で活躍していたため、兄の重秀を「孫一」とし、弟の重朝を「孫市」とする説もある。実際、重朝の後を継いだ息子の重次は、雑賀孫「市」と名乗っている。

子の重次は水戸藩主頼房の十一男を養子・鈴木重義として迎えたため、鈴木家は水戸藩の重臣として続き、子孫は「雑賀」の姓に改めた。また、歴代の当主は「孫一」を通称とした。

補注[編集]

  1. ^ 信用できる資料に重朝がはじめて登場するのは、1592年に秀吉の家臣として登場する頃であり、石山戦争の頃に雑賀衆として活躍したかどうかは不明である。
  2. ^ 没年には異説もあり、墓所や法号も不明であるため、明確な没年は考証の余地がある。

外部リンク[編集]