鈴木秀範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 秀範
新日鐵住金かずさマジック 監督 #31
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県袖ヶ浦市
生年月日 (1970-12-31) 1970年12月31日(47歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 市民球団「KAZUSA MAGIC」
    かずさマジック
    新日鐵住金かずさマジック

鈴木 秀範(すずき ひでのり、1970年12月31日 - )は、千葉県袖ヶ浦市出身の元社会人野球の選手(内野手)。現在は、新日鐵住金かずさマジックの監督[1]

来歴・人物[編集]

拓大紅陵高では1986年1988年の2度、夏の甲子園への出場経験を有する。同期のプロ選手に高橋憲幸和田孝志がいる。

高校卒業後は、法政大学へ進学し野球部に入部する。4番打者として田淵幸一小早川毅彦に次ぐ通算11本塁打を記録し、1992年春季リーグ戦においてはシーズン記録の10二塁打を記録。これは未だに破られていない。2年後輩の稲葉篤紀と共にクリーンアップを組み、全日本大学野球選手権に出場した。同期生には青山正克がいる。

大学卒業後は、社会人野球新日本製鐵君津へ入団。ここでも4番を打ち、チームの中心選手となった。1999年JABA日立市長杯争奪大会では、準決勝・決勝の2試合にまたがって5打席連続本塁打を記録し優勝に貢献した。

チームが、広域複合企業チームへと移行した2003年からは兼任コーチを務め、翌2004年シーズンをもって現役を引退した。

その後は、新日鐵君津で社業に就くかたわら、千葉県野球連盟の理事として3シーズンにわたって活動した。

2008年からは、かずさマジックの監督を務め[2]、チーム改革に乗り出す。監督として3年目の2010年には2004年以降低迷が続いていたチームを7年ぶりに都市対抗野球日本選手権出場へ導いた(ただし両大会とも初戦敗退)。2013年都市対抗野球では13年ぶりのベスト4、日本選手権ではチームを初の全国制覇に導いている。

出典[編集]

関連項目[編集]