鈴木敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 敬(すずき けい、1920年12月16日[1] - 2007年10月18日)は、日本の美術史家。東京大学名誉教授、日本学士院会員。

来歴[編集]

静岡県出身。1944年東京帝国大学文学部美学美術史卒。兵役をへて1946年復員、1949年国立博物館に入り文部技官。1952年文化財保護委員会事務局美術工芸品課、1959年東京芸術大学美術学部専任講師、1960年助教授、1965年東大東洋文化研究所助教授、1967年教授、1970年東文研所長、1972年退任、1981年定年退官、名誉教授。1975-1978年美術史学会代表委員。1984年紫綬褒章受章、1985年日本学士院賞受賞、1986年静岡県立美術館館長、1990年学士院会員。1991年勲二等瑞宝章受章。

著書[編集]

  • 『明代絵画史研究・浙派』(木耳社 1968年)
  • 『中国絵画史 上』(吉川弘文館 1981年3月)
  • 『中国絵画史 中之1』(吉川弘文館 1984年3月)
  • 『中国絵画史 中之2』(吉川弘文館 1988年9月)
  • 『中国絵画史 下』(吉川弘文館 1995年1月)。新装版2011年

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『中国絵画史論集』(鈴木敬先生還暦記念会 吉川弘文館 1981年12月)

参考[編集]

  • 東洋文化研究所総覧

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年、『著作権台帳』では1917年生となっているが定年の年から考えて1920年が正しいと思われる。