鈴木慎之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すずき しんのすけ
鈴木 慎之介
Shinno.jpg
2011年
生誕 (1981-09-02) 1981年9月2日(37歳)
日本の旗 日本東京都中野区
国籍 日本の旗 日本
別名 しんの
出身校 東京電機大学高等学校
職業 クリエーター, 実業家
公式サイト shinno.com

鈴木 慎之介(すずき しんのすけ、1981年9月2日 - )は、日本クリエーターおよび実業家ドワンゴ 事業戦略本部 副本部長。福岡地域戦略推進協議会シニアフェロー。プロジェクトスタジオQ技術管理統括。KADOKAWAアドバイザー。元キテラス代表取締役社長を務めた。

概要[編集]

東京都中野区生まれ。中学生からNIFTY-Serveにてソフトウェア開発活動を開始、高校在学中にドワンゴの当時社長川上量生と出会いドワンゴにエンジニアとして入社。有給を取得し卒業式に出席。その後、プログラマー、システムエンジニア、インフラエンジニアを経験後、音楽配信サービス いろメロミックス(現dwango.jp)のシステムを立ち上げを行った。その後、実質開発総指揮としてニコニコ動画の立ち上げを行い、マネージャー、開発部長、ニコニコチャンネルプロデューサー、マルチデバイス事業部長を歴任。

2012年4月、ドワンゴのマルチデバイス事業を分社化する形で連結子会社キテラスの代表取締役社長に就任[1]。2014年10月カドカワグループの再編に伴い、キテラスをドワンゴに吸収合併、マルチデバイス企画開発部長としてドワンゴに帰任。

2015年2月よりマルチデバイスで培ったデザインの知見を生かすため、ドワンゴのデザイン部門のトップとして、デザイン戦略室長に就任。カドカワ名称変更に伴うCI変更などを手がけた[2]。2016年より武蔵野美術大学造形学部に在学。

2017年7月、スタジオカラー・麻生塾・ドワンゴの3社によって福岡市に設立された3DCGアニメーションスタジオ「プロジェクトスタジオQ」の技術管理統括に就任。スタジオと福岡市との連携強化のため、福岡地域戦略推進協議会シニアフェローに就任。KADOKAWAのアドバイザーにも就任した。

2017年11月、一般人女性と結婚。

略歴[編集]

作品[編集]

サービス[編集]

マルチデバイス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]