釧路アイスアリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本製紙アイスアリーナ
NIPPON PAPER INDUSTRIES ICE ARENA
KushiroIceArena.jpg
施設外観(2012年4月)
施設情報
愛称 丹頂アリーナ
正式名称 釧路アイスアリーナ
用途 アイスホッケースケート
収容人数 3,739人(固定席2,539人・立見1,200人)[1]
設計者 久米設計
施工 日本製紙ユニテック、鹿島建設[2]、丸彦渡辺建設[3]
管理運営 釧路市スポーツ振興財団(指定管理者
構造形式 鉄筋コンクリート造一部鉄骨鉄筋コンクリート造[1]
敷地面積 16,936.35m²[1]
建築面積 6,663.19m²[1]
延床面積 7,564.23m²[1]
階数 2階建[1]
竣工 1996年11月20日[4]
所在地 084-0906
北海道釧路市鳥取大通3丁目6-33
位置 北緯43度00分48秒 東経144度21分36秒 / 北緯43.01333度 東経144.36000度 / 43.01333; 144.36000座標: 北緯43度00分48秒 東経144度21分36秒 / 北緯43.01333度 東経144.36000度 / 43.01333; 144.36000

釧路アイスアリーナ(くしろアイスアリーナ)は、北海道釧路市にあるホッケーリンクスケートリンク2014年(平成26年)9月1日から日本製紙がネーミングライツ(命名権)を獲得し、「日本製紙アイスアリーナ」(にっぽんせいしアイスアリーナ)となっている[5]アジアリーグアイスホッケー所属の日本製紙クレインズホームアリーナとなっている[6]

施設[編集]

  • アイスホッケーリンク(30 m×60 m)1面[1]
  • 冷却方式:鋼管埋没方式[1]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h スポーツ施設要覧.
  2. ^ 実績紹介:1996年”. 鹿島建設. 2015年12月20日閲覧。
  3. ^ 施工実績 > スポーツ施設”. 丸彦渡辺建設. 2015年12月20日閲覧。
  4. ^ 平成元年~平成9年 (PDF)”. 釧路市統合年表. 釧路市. p. 18. 2015年12月20日閲覧。
  5. ^ 釧路アイスアリーナにネーミングライツを導入しました”. 釧路市. 2015年12月20日閲覧。
  6. ^ 観戦情報”. 日本製紙クレインズ. 日本製紙. 2015年12月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]