釘本久春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

釘本 久春(くぎもと ひさはる、1908年4月28日 - 1968年5月11日)は、日本国語学者国文学者

人物[編集]

東京出身。1929年東京帝国大学国文科卒。中央大学教授から文部省国語課長。戦後の国語改革、国立国語研究所の創設に参与。1960年東京外国語大学教授。在職中死去。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『一等兵と子どもたち』 聖紀書房、1943年。
  • 『戦争と日本語』 竜文書局、1944年。
  • 『中世歌論の性格』 古今書院、1944年。
  • 『枕草子とその鑑賞』 刀江書院、1949年。
  • 『国語教育論』 河出書房〈教育文庫〉、1949年。
  • 『現代の日本語-その状態と問題』 古今書院〈形成選書〉、1952年。
  • 良寛物語』 同和春秋社〈日本名作物語〉、1954年。
  • 『あの花この花-読むうたうたう詩』 さ・え・ら書房、1955年。
  • 『新古今和歌集 全釈』上巻 福音館書店、1958年。

共編著[編集]

  • 『これからの国語-当用漢字現代かなづかいの研究』(岩淵悦太郎、宮本敏行) 誠文堂新光社、1947年。
  • 『現代に生きてゐる故事成語の辞典』 東洋館出版社、1951年。
  • 『漢字小辞典-よみ方・かき方・意味・使い方の手引』(山口正との共編) 港出版合作社、1954年。
  • 『現代の手紙事典-個人の手紙から商用、公用文まで』 福音館書店、1958年。
  • 『現代の話し方事典』 福音館書店、1962年。
  • 『話し方の事典』 光風社書店、1967年。
  • 『手紙の書き方事典』 光風社書店、1968年。

翻訳[編集]

  • 『世界人権宣言と教育-世界理解のために』(ユネスコ編) 古今書院、1958年。