金寅成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金寅成 Football pictogram.svg
Kim In-Sung.jpg
名前
カタカナ キム・インソン
ラテン文字 Kim In-Sung
ハングル 김인성
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1989-09-09) 1989年9月9日(30歳)
出身地 京畿道安山市
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 大韓民国の旗 蔚山現代FC
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011
2012
2013
2014
2015
2016-
江陵市庁FC
PFC CSKAモスクワ
城南一和天馬
全北現代モータース
仁川ユナイテッドFC
蔚山現代FC
23 (4)
1 (0)
31 (2)
11 (0)
32 (5)
52 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 寅成(キム・インソン、: 김인성1989年9月9日 - )は、大韓民国京畿道安山市出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダーKリーグ1(韓国1部)・蔚山現代FC所属。

来歴[編集]

2008年にU-20サッカー大韓民国代表に選出された。2011年のKリーグドラフトでは指名されなかった。成均館大学校卒業後、ナショナルリーグ(当時の韓国2部)所属の江陵市庁FCに加入した。

CSKAモスクワ[編集]

2012年2月、ロシアPFC CSKAモスクワに1年契約(2年の契約延長オプション付き)で移籍した[1]。露メディアではCSKAモスクワのスポンサーであるヒュンダイの意向で他の韓国人選手と共に練習に参加し、好印象を残したため契約に至ったと報道された[2]レオニード・スルツキー監督は朝鮮日報に対して、金寅成がKリーグクラシック(韓国1部リーグ)でプレーした経験も、サッカー大韓民国代表に選出された経験もないことに驚いたと語った。同時に彼のような経歴の選手がクラブに加わるのは史上初のことだが、よく適応しているし、楽しみにしていると語った。同期入団はアーメド・ムサポントゥス・ヴェアンブローム

韓国でも無名だった選手がUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12に出場しているクラブに移籍することになったため、韓国メディアでは「サッカー界のシンデレラ」と報道された[3]UEFAチャンピオンズリーグに出場選手登録されると、移籍後初の公式戦となった2月22日のレアル・マドリード戦でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。3月3日に行われたFCゼニト・サンクトペテルブルク戦の後半アディショナルタイムにムサと交代でロシア・プレミアリーグに初出場した。

2012-13シーズンはプレシーズンマッチのFCトルペド・モスクワ戦で2得点するなどアピールしたが、9月26日に行われたロシア・カップFCトム・トムスク戦の終盤に途中出場したのみに終わった。2013年1月に契約延長オプションを行使せずに放出されることが発表された[4]。CSKAモスクワでの公式戦出場はリーグ戦1試合(1分間)、カップ戦1試合(6分間)の合計2試合だった。

Kリーグ[編集]

2013年冬、Kリーグクラシックの城南一和天馬に移籍した。主に途中出場でリーグ戦31試合(2得点)、韓国FAカップ戦2試合に出場した。

2014年1月、全北現代モータースに移籍した[5]

エピソード・人物[編集]

所属クラブ[編集]

代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ким Инсон подписал контракт с ПФК ЦСКА. Видео”. CSKA公式サイト (2012年2月1日). 2014年1月7日閲覧。
  2. ^ На сбор ЦСКА прибыли Вернблум и кореец Ким Ин Со”. Чемпионат.com (2012年1月19日). 2014年1月7日閲覧。
  3. ^ a b <リンク切れ>[インタビュー]キム・インソン、CSKAモスクワと本田圭佑とのエピソードについて語る”. 大韓サッカー協会 (2012年6月22日). 2014年1月7日閲覧。
  4. ^ Ким Ин-Сон исключён из заявки ЦСКА”. Чемпионат.com (2013年1月15日). 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ 전북, 이승렬·김인성 영입… 측면 공격 보강”. Goal.com (韓国語版) (2014年1月7日). 2014年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]