金原賢之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金原 賢之助(きんばら けんのすけ、1897年11月30日 - 1959年1月18日)は、日本の経済学者。

静岡県浜松市生まれ。1921年慶應義塾大学理財科卒、同助手となり、1923年慶大予科教員、1925-1928年欧米留学、1928年経済学部助教授、1929年教授、1937年「世界経済の動向と金本位制度」で経済学博士。1946年経済学部長となり、1957年商学部設置に伴い学部長・教授となるが、61歳で死去した[1]。金融、財政、為替が専門。

著書[編集]

  • 『国際金融総論』同文館 世界経済問題叢書 1931
  • 『外国為替・金・銀』基礎経済学全集 東洋出版社 1934
  • 『世界経済の動向と金本位制度』巌松堂書店 1934
  • 『貨幣ブロックに関する諸問題』銀行叢書 東京銀行集会所 1935
  • 『世界貨幣制度上の若干問題』現代金融経済全集 改造社 1935
  • 『金・貨幣の若干問題』巌松堂 1936
  • 『銀行実務法規解説』銀行実務講座 非凡閣 1936
  • 『金融論講義案 第1冊』金文堂 1937
  • 『欧洲経済の危機』日本青年外交協会 戦時文化叢書 1938
  • 『金融の常識』千倉書房 1938
  • 『日本戦時経済政策』千倉書房 1938
  • 『日本戦時物価政策論』千倉書房 1939
  • 『為替理論概説』最近経済問題叢書 甲文堂書店 1940
  • 『戦時世界経済の物価・通貨・為替』千倉書房 1940
  • 『国際金融及び外国為替』慶応義塾大学講座経済学 慶応出版社 1942
  • 『外国為替の基礎理論及び問題 外国為替論 第1部』泉文堂 1952

共編著[編集]

  • 『戦争と財政金融』共著 時潮社 1937
  • 『国防経済論』編 日本評論社 1938
  • 『金融統制と貿易政策』浜田恒一共著 戦時・準戦時経済講座 改造社 1938
  • 『経済学研究五講』編 泉文堂 1949

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]