増井健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増井 健一(ますい けんいち、1917年大正6年) - 2001年平成13年)8月24日)は、日本の経済学者、慶應義塾大学名誉教授。交通経済学を専攻。

来歴[編集]

経済学者・増井幸雄の子として静岡県に生まれる。小学校から大学まで慶應義塾。1940年慶應義塾大学経済学部卒。すぐ助手となり、海軍で5年半過ごした後、復員して同助教授。1955年教授、1957年商学部教授、商学部長、1983年定年退任、名誉教授、松阪大学教授、1994年退職。

父の後を継いで交通経済学を専攻し、ケネー『経済表』も父を引き継いで新訳した。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 増井健一教授略歴及び著者目録 「三田商学研究」 1983年12月