和田木松太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和田木 松太郎(わだぎ まつたろう、1918年12月15日 - 1985年9月6日)は、日本の会計学者

略歴[編集]

東京市向島区(現・墨田区)生まれ。1941年慶應義塾大学経済学部卒、千代田生命保険相互会社に入る。1948年退社、1948-1951年経営研究所勤務。1955年慶大経済学部講師、1958年助教授、1963年教授、1980年退職。1982年松阪大学教授となる。在任中、66歳で死去した[1]

著書[編集]

自著[編集]

  • 『最新簿記提要』泉文堂 1953
  • 『予算統制制度』泉文堂 1954
  • 『簿記論』慶應通信 1955
  • 『財務管理 理論とケース』泉文堂 1963
  • 『現代簿記提要』泉文堂 1974
  • 『現代企業会計 理論とケース』泉文堂 1981

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]