佐野陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐野 陽子(さの ようこ、1931年 - )は、経済学者。専攻は人的資源管理。人的資源管理は経営学の領域だが、取得学位は経済学博士である。元々の専攻は労働経済学ノーベル経済学賞受賞者ゲーリー・ベッカーの著作、『Human Capital』(人的資本)の邦訳を行ったことでも知られる。

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

所属学会[編集]

主な著作[編集]

  • 1970年 『賃金決定の計量分析』 東洋経済新報社
  • 1972年 『女子労働の経済学』 日本労働協会
  • 1976年 『人的資本-教育を中心とした理論的・経験的分析』 東洋経済新報社 ゲーリー・ベッカー著 佐野陽子訳
  • 1981年 『労働経済学(共著)』 労働総合研究所
  • 1981年 『賃金と雇用の経済学』 中央経済社
  • 1982年 『労働市場と情報(共著)』 慶應通信
  • 1987年 『「働き蜂」社会はこう変わる-問われる日本型労働時間』 東洋経済新報社 小野旭、佐野陽子共著
  • 1989年 『企業内労働市場』 有斐閣 佐野陽子著
  • 1991年 『中小企業の賃金決定』 東洋経済新報社 佐野陽子、石田英夫、井上詔三共著
  • 1991年 『変貌する金融機関と人材』 東洋経済新報社 石田英夫、佐野陽子、重里俊行共著
  • 1993年 『ホワイトカラーのキャリア管理-上場企業500社調査による』 中央経済社 佐野陽子、川喜多喬共著
  • 1995年 『ヒューマン・リソース・マネジメント』 日本労使関係協会
  • 1997年 『日本の人的資源慣行にかんする最新課題(共著)』 日本労働研究機構
  • 1999年 『人と企業を活かすルールしばるルール-これからの労働法制を考える』 中央経済社 佐野陽子、八代充史、宮本安美共著
  • 2001年 『ジェンダー・マネジメント-21世紀型男女共創企業に向けて』 東洋経済新報社 佐野陽子、志野澄人、嶋根政充共著
  • 2005年 『働く女性の履歴書-無名のウーマンパワー』 朝陽会 佐野陽子、佐田節子共著
  • 2007年 『はじめての人的資源マネジメント』 有斐閣 佐野陽子著
  • 2009年 『ドバイのまちづくり―地域開発の知恵と発想』 慶應義塾大学出版会 佐野陽子著

外部リンク[編集]

慶應義塾の名講義・佐野陽子名誉教授 平成19年6月30日
佐野陽子ゼミナール同窓会

先代:
嘉悦大学学長
初代: 2001 ‐2005
次代:
古賀義弘

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース