野口三千三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野口 三千三(のぐち みちぞう、1914年11月16日 - 1998年3月29日)は、野口体操の創始者。元東京芸術大学教授。

略歴[編集]

  • 群馬師範学校(群馬大学)卒業後上京。のち東京芸術大学教授。
  • 野口体操教室を主宰。野口体操の普及に努めた。

主な著書[編集]

  • 「原初生命体としての人間」
  • 「子どものからだは蝕まれている」
  • 「野口体操・からだに貞く」
  • 「野口体操・おもさに貞く」

映像資料[編集]

  • 『アーカイブス 野口体操』野口三千三・養老孟司・羽鳥操(春秋社)
付属DVDに、野口本人による実演を交えた公演、および養老との対談を収録。

関連項目[編集]