倉林和宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉林 和宏(くらばやし かずひろ、1985年11月5日- )は、平成時代の日本の陸上競技選手。2000年の全国中学選手権110メートルハードルに出場し、史上初めて14秒台の壁を破る13秒99の日本中学新記録(当時)を樹立して優勝、脚光を浴びた。その後、中学時代にしたケガの影響で一時は再起不能とまで言われたが、2005年に200mハードルで23秒77の日本歴代3位にあたる好記録をマークし完全復活を遂げた。群馬県高崎市出身。尊敬する人物は元ミキハウス桜井健一

出身校[編集]

略歴[編集]

  • 2000年、全日本中学選手権で110mハードル13秒99の日本中学新記録(当時)を樹立。三種競技Bでも準優勝。最優秀選手に選出され、文部科学大臣賞を受賞。
  • 2001年、アルペンスキー練習中に靭帯断裂の重傷を負う。同年、東京農業大学第二高等学校に進学。バルセロナオリンピック陸上男子400mH代表で元400mH日本記録保持者の斎藤嘉彦の指導を受け、リハビリに励む。
  • 2002年、全国高校選手権に出場。
  • 2003年、全国高校選手権に出場。
  • 2005年、200mハードルで23秒77をマーク(日本歴代3位)。
  • 2006年、関東インカレ(2部)400mハードルで2位。
  • 2007年、関東インカレ(1部)400mハードルで8位に食い込むも大学が2部校へ降格。

関連文献[編集]

自己記録[編集]