酒井大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
酒井 大輔
マッシモンテベースボールクラブ #33
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県瀬戸市
生年月日 (1980-06-19) 1980年6月19日(38歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト7位
初出場 2000年4月30日
最終出場 2003年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • NAGOYA23
    マッシモンテベースボールクラブ (2010 - 2014)

酒井 大輔(さかい だいすけ、1980年6月19日 - )は、愛知県瀬戸市出身の野球選手投手)。

現在は、社会人野球チームのマッシモンテベースボールクラブのコーチ兼任投手。

来歴・人物[編集]

松坂世代の一人。春日丘高では3年春の県大会で優勝。高校時代はMAX146km/hの投手であり、また50m5秒7の俊足と高校通算35本塁打という強打もあり、上位指名候補としても名前が挙がっていた。1998年のドラフト7位で広島東洋カープに入団。指名時のコメントで、「カープは好きな球団だった。」と発言した。

野手として期待しての獲得で本人も乗り気だったが、思いのほか投手としての力があったため、投手1本で行くことになった。カープキャンプを視察に来ていた江川卓も投球を見て「山口高志の再来。野手で育てると言うことだが、これだけのボールなら投手で見たい。」とその年のカープ指名選手の中でも特に高く評した。

3年目には伸びのあるストレートと、落差のあるパームボール(負担を考えてか、この年以降は使われていない)で、1軍でリリーフとしてまずまずの活躍をした。終盤の巨人戦で153km/hという球速を計時し、清水隆行に「まだあんな投手がいたのか」と言わしめる。

4年目には実績のあるセットアッパーとして期待された玉木重雄小林幹英らが怪我による調整遅れで酒井に白羽の矢が立ち、開幕から困難なピンチで登板する中抑え的な役割をきっちりこなし9試合連続無失点。しかし、アーム式の投球フォーム故に連投が効きづらく4月終盤から打ち込まれる試合が増え、それ以後は145km/h前後は記録するものの、ある程度まとまっていたコントロールやストレートの伸びも影を潜めた。

球威がよく期待され右の中継ぎとして登板したが、2004年シーズン終了後に故障の影響もあり戦力外通告を受けた。

翌年から2009年まで中日ドラゴンズの打撃投手を務めた。

社会人野球チームのマッシモンテベースボールクラブにコーチ兼任投手として在籍していた。なお、マッシモンテベースボールクラブは2014年6月4日付けで、活動を休止した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 広島 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 7.1 8 3 6 0 1 7 0 0 8 8 9.82 1.91
2001 24 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 154 34.1 33 4 24 0 0 30 1 0 16 16 4.19 1.66
2002 25 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 129 26.2 34 7 16 1 2 17 2 0 32 32 10.80 1.88
2003 11 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 69 15.1 23 5 1 0 0 10 1 0 11 10 5.87 1.57
通算:4年 66 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 388 83.2 98 19 47 1 3 64 4 0 67 66 7.10 1.73

タイトル[編集]

  • ウエスタンリーグ最優秀救援投手:1回 (2003年)

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (1999年 - 2004年)
  • 112 (2005年 - 2009年)
  • 33 (2010年 - 2014年)

関連項目[編集]