遠山公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

遠山 公一(とおやま こういち、1959年5月6日 - )は日本の西洋美術史家。専門は15世紀イタリア絵画彫刻史。慶應義塾大学文学部教授。不動産会社の遠山偕成株式会社取締役。

来歴[編集]

東京都港区出身。音楽評論家遠山一行ピアニスト遠山慶子長男学習院幼稚園では三島由紀夫の長女の平岡紀子と一緒だった[1]幼稚舎から慶應義塾に学ぶ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業後、1984年慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業1989年東京大学大学院人文科学研究科美術史学専攻修士課程修了。同年春に結婚した夫人は中村草田男の孫の一人[2]。この間、イタリア政府給費生として3年間、フィレンツェ大学にて学んだ。

東京大学大学院人文科学研究科美術史学専攻博士課程中退後、女子美術大学専任講師を経て、1990年から1995年まで女子美術大学助教授1995年から2006年まで慶應義塾大学文学部助教授2006年より慶應義塾大学文学部教授

著作[編集]

  • 『西洋絵画の歴史1 ルネサンスの驚愕』(小学館101ビジュアル新書、2013年)、高階秀爾監修

翻訳[編集]

編著[編集]

  • 『祭壇画の解体学-サッセッタからティントレ』(責任編集、ありな書房〈イメージの探検学2〉、2011年4月)

脚注[編集]

  1. ^ 『遠山一行著作集』第5巻p.261(新潮社、1987年)
  2. ^ 遠山一行『猫好きの話』p.239(小沢書店、1996年)

外部リンク[編集]