道下眞弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

道下 眞弘(みちした まさひろ、1961年1月28日 - )は、日本起業家、ベンチャーキャピタリスト。内科医医学博士京都大学、1991年)、細胞生物学者。福井県福井市出身。

略歴[編集]

著書・寄稿文[編集]

  • 白血病細胞の分化誘導療法-基礎から臨床へ [共著、中外医学社] 1990年
  • 実験医学 Current Topics - 新しいサイトカインLIF:Leukemia Inhibitory Factor (白血病阻止因子) [共著、羊土社] 1990年
  • On the regulation of β2 integrins - Advances in Experimental Medicine and Biology [共著、Springer] 1992年
  • Genetic Abnormalities in Leukocyte Adhesion Molecule Deficiency - New Concepts in Immunodeficiency Diseases [共著、John Wiley & Sons] 1993年
  • 新春展望2013 - 世界ナンバーワンを目指す [日経バイオテク] 2013年1月2日[15]

講演[編集]

  • “基礎研究の実用化のためのベンチャー起業”  愛知県産業労働部・愛知県がんセンター・愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所主催 知的財産セミナー (2005年2月)
  • “知財活動における中小大学の連携の模索” パネル討議 東北地域大学等知的財産連絡会議(2009年11月)
  • “ベンチャー起業の条件”  京都大学グローバルCOE理学研究科生物科学専攻 第7回キャリアパス講演会 (2010年6月)
  • “日本におけるバイオベンチャーの起業・経営・展望”  日本生物高分子学会特別講演(2012年9月)
  • “バイオベンチャーのグローバル戦略と人材育成”  文部科学省「グローバル人材育成推進事業」福井大学キックオフセミナー・グローバル化の展開と人材育成(2013年2月)
  • “地方発バイオベンチャーが成功するための条件”   秋田大学発ベンチャー起業セミナー(2013年3月)
  • “モダンワクチンの開発”  ワクチンの現状と今後の動向 CPhI JAPAN 国際医薬品原料・中間体展2013(2013年4月)
  • “Development of Highly-Purified Recombinant Influenza Vaccine Made Using Insect Cell Culture System ”  Cell Culture Engineering World Asia held in Singapore(2013年6月)
  • “地方で新しいライフサイエンスビジネスを成功させるには”  鳥取県産業振興機構とっとりバイオフロンティア主催 人材育成セミナー(2014年10月)

関連人物[編集]

  • 松下修三 - 熊本大学エイズ学研究センター教授(株式会社CUREDのscientific founder)
  • 岡崎三代 - 東京医科歯科大学名誉教授ゲル濾過HPLC法によるリポタンパク分析の世界的権威。株式会社スカイライト・バイオテックのscientific founder)
  • 出澤真理 - 東北大学大学院医学系研究科・医学部細胞組織学分野教授(生体由来多能性幹細胞ミューズ細胞の発見者。株式会社Clioのscientific founder)
  • 山口正洋 - 高知大学医学部生理学講座統合生理学教授(前東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻生理学講座講師、論文共著者)
  • 中村暢宏 - 京都産業大学総合生命科学部教授(論文共著者)
  • 鈴木聡 - 神戸大学大学院医学研究科生化学・分子生物学講座教授(前九州大学生体防御医学研究所ゲノム機能制御学部門教授、共同研究者)
  • Vibeke Videm - Department of Laboratory Medicine, Children's and Women's Health, Norwegian University of Science and Technology(論文共著者)
  • Hamid Rabb - Professor of Medicine, Physician Director of the Kidney and Pancreas Transplant Program, Johns Hopkins University School of Medicine(論文共著者)

脚注[編集]

  1. ^ Cutaneous plasmacytoma with eventual development into multiple myeloma. 日本内科学会雑誌 1987 Nov;76(11):1706-9.
  2. ^ EDEM as an acceptor of terminally misfolded glycoproteins released from calnexin. Science 2003 Feb 28;299(5611):1394-7.
  3. ^ ①Hsp47 as a collagen-specific molecular chaperone. Methods Enzymol 2011;499:167-82. ②A major collagen-binding protein of chick embryo fibroblasts is a novel heat shock protein. J Cell Biol 1986 Jul;103(1):223-9.
  4. ^ ①Induction of tumor necrosis factor-α and its receptors during differentiation in myeloid leukemic cells along the monocytic pathway. A possible regulatory mechanism for TNF-α production. J Biol Chem 1990 May 25;265(15):8751-9.  ②Phosphorylation of the stress protein hsp27 is an early event in murine myelomonocytic leukemic cell differentiation induced by leukemia inhibitory factor/D-factor. Biochem Biophys Res Commun 1991 May 15;176(3):979-84.  ③Effects of type-β1 transforming growth factor on the proliferation and differentiation of mouse myelomonocytic leukemia cells (M1). Exp Cell Res 1991 Sep;196(1):107-13.  ④Down-regulation of interleukin 6 receptors of mouse myelomonocytic leukemic cells by leukemia inhibitory factor. J Biol Chem 1992 Nov 5;267(31):22035-42.
  5. ^ ①Deficiency of a granulocyte-membrane glycoprotein (gp150) in a boy with recurrent bacterial infections. N Engl J Med 1982 Mar 25;306(12):693-9. ②Deficiency of a surface membrane glycoprotein (Mo1) in man. J Clin Invest 1984 Jan;73(1):153-9.
  6. ^ ①Amino acid sequence of the α subunit of human leukocyte adhesion receptor Mo1 (complement receptor type 3). J Cell Biol 1988 Jun;106(6):2153-8. ②Crystal structure of the A domain from the α subunit of integrin CR3 (CD11b/CD18). Cell 1995 Feb 24;80(4):631-8.
  7. ^ ①Crystal structure of the extracellular segment of integrin αVβ3. Science 2001 Oct 12;294(5541):339-45. ②Crystal structure of the extracellular segment of integrin αVβ3 in complex with an Arg-Gly-Asp ligand. Science 2002 Apr 5;296(5565):151-5. ③Structural basis for pure antagonism of integrin αVβ3 by a high-affinity form of fibronectin. Nat Struct Mol Biol 2014 Apr;21(4):383-8.
  8. ^ A novel divalent cation-binding site in the A domain of the β2 integrin CR3 (CD11b/CD18) is essential for ligand binding. Cell 1993 Mar 26;72(6):857-67.
  9. ^ Cytoplasmic tails of human complement receptor type 3 (CR3, CD11b/CD18) regulate ligand avidity and the internalization of occupied receptors. J Immunol 1993 Jul 15;151(2):990-1002
  10. ^ 2011年、米国Merck & Co.が$430MでInspire Pharmaceuticalsを買収 - プレスリリース
  11. ^ 新規上場回復に高まる期待 - ワールドビジネスサテライト・テレビ東京
  12. ^ 「バイオ医薬品にこだわったベンチャーとして成長していく」 - UMNファーマの道下社長に聞く・日経バイオテク
  13. ^ 融通むげの創薬ベンチャー 細胞培養ワクチンで切り込む - 企業研究「UMNファーマ」・日経バイオテク
  14. ^ 三菱ケミHD 再生医療参入 20年度に事業化 VB買収、幹細胞を活用 - 日本経済新聞(2015年5月15日)
  15. ^ 新春展望2013 - 世界ナンバーワンを目指す - 日経バイオテクONLINE

外部リンク[編集]