辣子鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辣子鶏
Laziji at Beijing Yibin Hostel (20210625111300).jpg
辣子鶏
各種表記
繁体字 辣子雞
簡体字 辣子鸡
拼音 làzǐjī
発音: ラーズージー
テンプレートを表示

辣子鶏 (ラーズージー、ラーズーチー) は、鶏肉から揚げを大量の唐辛子花椒などと共に炒めた料理[1]。「子鶏」は丸鶏の意[1]

四川料理の代表的な品目のひとつとされる[2]

概要[編集]

重慶を起源とする料理のため[3][4]、「重慶辣子鶏」、「歌楽山辣子鶏」とも呼ばれる[5]

素揚げした鶏肉を大量の香辛料と共に強火で炒める料理で、大量のぶつ切りにした唐辛子や花椒と一緒に炒めることで麻辣味を出すのが基本である[1]。そのため唐辛子は食べない[1][4]

レシピの例[1]
  1. 丸鶏を1センチから2センチくらいくらいの大きさに切る。
  2. 切った鶏肉を大鍋で素揚げする。
  3. 鶏肉に火が通ったら中華鍋に移し、唐辛子、花椒、塩とチキンパウダーで炒め、最後に紹興酒を振る。

日本[編集]

日本においては手羽先や鶏もも肉を用いる、鶏肉を竜田揚げ唐揚げにするなどのアレンジが加えられていることもある[1]

貴州辣子鶏[編集]

貴州料理としては、まったく別の料理がある[4]。肉厚の丸い唐辛子「糍粑辣椒」を使用することもあるが、以下のように調理法も異なる。

骨ごと大きめのぶつ切りにした鶏肉と皮を剥いたニンニク、小さい塊に切った生姜を中華鍋に入れ、ひたる程度の油を注いて加熱することで揚げる。いったん食材を取り除き、油を減らして糍粑辣椒を炒め香りを出したら食材を戻し、水を少量加えて煮込む。

そのため炒め料理ではなく「貴州省の唐辛子煮込み」と説明されることもある[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 鷲谷憲樹 (2019年2月22日). “「四川料理のスゴイ人」に、 辣子鶏(ラーズーチー)の自宅用レシピを教わってきた【ハマる辛さ】”. メシ通(ホットペッパー. 2020年9月27日閲覧。
  2. ^ 産経新聞外信部 『食の政治学』産経新聞、2005年、30頁。ISBN 9784902970210 
  3. ^ 『まちごとチャイナ重慶 002 重慶市街』まちごとパブリッシング、2018年、53頁。ISBN 9784866201252 
  4. ^ a b c 『W16 世界の中華料理図鑑』地球の歩き方、2022年、27-29頁。ISBN 9784059201083 
  5. ^ 佐藤英典 (2012年6月24日). “唐辛子大量投下ッ! 見た目が辛すぎる四川料理「歌楽山辣子鶏」 池袋・知音食堂”. 2022年9月13日閲覧。
  6. ^ “4月20日はラー油と春を祝う「四川料理の日」に!記念日を四川フェス@新宿中央公園にて盛大に祝おう!” (プレスリリース), 時色株式会社, (2019年4月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000043119.html 2022年9月13日閲覧。