宮保鶏丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮保鶏丁
Kung-pao-shanghai.jpg
宮保鶏丁
各種表記
繁体字 宮保雞丁
簡体字 宫保鸡丁
拼音 gōng bǎo jī dīng
発音: ゴンバオジーディン
テンプレートを表示

宮保鶏丁(ゴンバオジーディン、拼音: Gōngbǎo Jīdīng)は、鶏肉ピーナッツ唐辛子とともに炒めた四川料理である。別名は宮爆鶏丁(発音は同じ、拼音: Gōngbào Jīdīng)。宮保および宮爆の意味ははっきりしていないが、宮保は丁宝楨が好んだことにちなむとされる。一方、「爆」の字は中国料理においては「炒」よりもはるかに強い火力で短時間に加熱する料理法を指す。英名はクンパオチキン英語: Kung Pao chicken)。

ロシア語で宮保はГунбаоと綴られており、これは清朝における皇帝のボディーガードで有名なЛантань, Гунбао(郎坦中国語版、1634年 - 1695年)にも含まれる。

「丁」は中国語で「さいの目に切った」という意味である。さいの目に切った鶏肉、キュウリにピーナッツ、鷹の爪を加えて炒める。

宮保鶏丁は四川料理の中でもっとも知られる料理の一つである。そのため、中国のレストランでは四川料理を扱っていなくてもメニューに載っていることが多い。多くのレストランではピーナッツを使うが、高級レストランではピーナッツの代わりにカシューナッツを使うこともある(ただし、カシューナッツを用いたものはアメリカ風中華料理の「腰果鶏丁」と称され、宮保鶏丁とは区別される)。

その他[編集]

  • 中国初の有人宇宙飛行を行った神舟5号には、宇宙食として八宝菜緑茶のほかに宮保鶏丁が用意されていた。

脚注[編集]


関連項目[編集]