象さんはジェリーの味方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

象さんはジェリーの味方』(ぞうさんはジェリーのみかた、原題:Jerry-Go-Round)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1966年製作。制作はチャック・ジョーンズ(Chuck Jones)。

作品内容[編集]

トムに追われてサーカス小屋に逃げ込んだジェリーは、象が苦しそうに泣いている場面に遭遇する。見ると、その象の足の裏に画鋲が突き刺さっていた。ジェリーがそれを抜いてやると象は大喜び。こうして仲良くなった象とジェリーは、一躍サーカスの人気者となる。一方、トムは何度もサーカス小屋に飛び込んでジェリーを捕まえようとするが、その都度象にボコボコにされてしまう。

業を煮やしたトムは象ごとジェリーを始末しようと画策し、サーカスのパレードが通る先にダイナマイトを仕掛けるが、力強く歩いて来た象によってダイナマイトがトムのいるマンホールの中に落下した・・・。

備考

作品の最後に、トムが振った降参のに「THE END」という文字が描かれていた。

日本でのテレビ放映[編集]

1980年頃、日本テレビ系「木曜スペシャルおかしなおかしな トムとジェリー 大行進」の枠内で放映され、その後も再放送された。DVDにも収録。

関連項目[編集]