ジェリーのいたずら作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェリーのいたずら大作戦』(- 大作戦、原題:The Year of the Mouse)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1965年製作。制作はチャック・ジョーンズ(Chuck Jones)。

作品内容[編集]

リビングで安らかに寝息を立てているトム。ジェリーと相棒の灰色のネズミは、彼にいたずらをしかけてやろうと画策する。

まずジェリーが相棒のネズミの持った釣竿に吊られた状態で、暖炉の煙突から部屋の中に侵入する。そして眠るトムを蝿叩きでひっぱたいた上で、その蝿たたきをトムに持たせた上で暖炉から吊り上げられて逃走。自身が夢遊病ではないかといぶかるトムだったが、悪戯は次第に悪質なものへと変っていく。しまいには眠るトムの胸にトマトケチャップをふりかけ、同じくケチャップを塗りつけたナイフをトムに持たせるありさま。目を覚ましたトムは半狂乱になって、圧迫止血しようとして首を締め上げる。その有様をジェリーたちは煙突の上でゲラゲラ笑いながら見ていたが・・・

本作はトムが勝利する数少ない作品である。

日本でのテレビ放映[編集]

1980年頃、日本テレビ系「木曜スペシャルおかしなおかしな トムとジェリー 大行進」の枠内で放映され、その後も再放送された。DVDにも収録。

関連項目[編集]