果てしなき決闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『果てしなき決闘』(Duel Personality)は1966年に公開された、『トムとジェリー』の作品の一つ。

概要[編集]

チャック・ジョーンズが監督した本作はトムが勝利した数少ない話である。

内容[編集]

豪邸のような場所でトムは鉄球を使いながらジェリーと追いかけっこをしていた。その途中、板の一部がはずれてジェリーは飛び上がり化粧台へと着地。そこでトムを引き止めて手袋で引っぱたいた。これではらちがあかないと思ったのか、トムはジェリーに決闘を申し込み、ジェリーも承諾したようだ。

早速、トムvsジェリーの決闘(拳銃・剣・弓矢・大砲・パチンコ)が始まるが、いずれもめちゃくちゃに終わってしまい、結局、元の追いかけっこに戻ってしまう。

再び序盤のような展開となり、今度はジェリーが決闘を申し込む。しかし、トムはメモを破り捨てた上に叩き返し、ジェリーは結局、トムに手袋で叩かれながら追い掛け回される羽目になるのであった。

関連項目[編集]