ジェリー博士の超能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『ジェリー博士の超能力』(Is There a Doctor in the Mouse?)はトムとジェリーの作品の一つ。監督はチャック・ジョーンズ

スタッフ[編集]

  • 製作・監督  チャック・ジョーンズ
  • 作画  ケン・ハリス トム・レイ ディック・トンプソン ベン・ワーシャム ドン・トウスリー
  • 脚本  チャック・ジョーンズ マイケル・マルティーズ
  • 背景  フィリップ・デガード
  • 音楽  ユージン・ポッダニー

内容[編集]

ジェリーは巣の中で化学薬品を調合していた。その末に完成した薬を一気に飲み干すと、ジェリーはたちまち高速で走ることができるようになるのであった。

ジェリーが穴から出ると、トムがオイルサーディンの缶を開けて食べようとしていた。美味そうな油漬けのイワシに目がくらんだジェリーは、先ほどの超能力を使って高速移動。トムの魚を一瞬のうちに一匹奪って食べた。トムは何がおこったのか分からない表情でいたが、気を取り直して次の魚を食べようとする。しかし残りの魚はすべてジェリーにすべて食われた挙句、缶の中の油まで指の毛ごと食べられてしまう。

トムは「幽霊? いやまさか。の仕業に違いない」と考え、西瓜でおびきよせて退治しようとするが、うまくいくはずがない。このままでは食料を全て食べられてしまうと焦ったトムは残っていた果物を食べようとするが、やはり一瞬にしてジェリーに食べられてしまう。

トムは正体を確かめようと、カメラの前に餌としてケーキを置き、それが一瞬で食べられるさまを撮影する。撮影したフィルムをスロー再生でじっくり見たトムは、ジェリーが犯人だとようやく悟る。(この時にDVDでの吹き替えでは、『なんだあいつだったのか。よし覚えていろ!」と言っている)』悔しがるトムはジェリーを捕まえようと考える。食パンの上にネズミ捕りとチーズを置き、サンドするというエサでおびきよせるが、やはり失敗に終わる。

そうこうしているうちにジェリーの薬の効果が切れ、動きが鈍くなり始める。トムは捕まえる絶好のチャンス。穴へと逃げ込んだジェリーをトムは穴に手を突っ込んで捕まえようとする。一方ジェリーは大急ぎで何かの薬を調合し、それをまた飲み干すと、ジェリーはどんどん巨大化していく。

そして、トムが尻尾を引っ張ると穴の中から壁を突き破るほど巨大ジェリーが現れた。最初は狂ったように笑い出すトムだったが、次第には勝ち目がなくなり泣き出すのだった。

関連項目[編集]