逃げろや逃げろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

逃げろや逃げろ(にげろやにげろ、原題:Tom-ic Energy)は、トムとジェリーの作品の一つ。1965年製作。製作はチャック・ジョーンズ(Chuck Jones)。

スタッフ[編集]

  • 製作・監督  チャック・ジョーンズ
  • 作画  ケン・ハリス トム・レイ ディック・トンプソン ベン・ワーシャム ドン・トウスリー
  • 脚本  チャック・ジョーンズ マイケル・マルティーズ
  • 背景  フィリップ・デガード
  • 音楽  ユージン・ポッダニー

作品内容[編集]

とあるマンションの屋上。トムとジェリーはここでも追いかけっこをしていた。追いかけっこをしている内にマンション内に入り、マンションの住人に迷惑もかけながらも追いかける。途中でジェリーは避けたが、トムに脅かされ魂が抜けてしまう。今度はジェリーの魂がトムを脅かし、トムはそのショックで老化してしまう。ジェリーの魂は肉体に戻り、追いかけっこは再開する。今度は階段を登るが、やり過ぎで空中まで登ってしまう。トムは落ちて床にバラバラにされてしまうが、ジェリーはさっきの様に下り、排水のパイプに入る。トムはジェリーが来るの待ち構えていたがトムの尻尾を突き破り、そのまま逃げてしまう。トムは自分の尻尾を結び、ジェリーを追いかける。

その後もドタバタが続き、最終的にはトムはブルドッグにぶつかり、ブルドッグは激怒しトムを追いかけ回す。トムのピンチを知ったジェリーはブルドッグにマンホールをぶつけ、ブルドッグは青虫のように帰る。トムとジェリーは握手をし、追いかけっこをするのであった。

日本でのテレビ放映[編集]

1980年頃、日本テレビ系「木曜スペシャルおかしなおかしな トムとジェリー 大行進」の枠内で放映され、その後も再放送された。DVDにも収録。

関連項目[編集]