豆板銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豆板銀(まめいたぎん)は、江戸時代に流通した銀貨の一種。小粒銀(こつぶぎん)、小玉銀(こだまぎん)とも呼ばれる。当時、銀座において用いられた正式名称は「小玉銀」であり[1][2]、『三貨図彙』にもこの名称で記述されているが、『金銀図録』および『大日本貨幣史』などの古銭書には「豆板銀」という名称で収録されている。

概要[編集]

形状は小粒の銀塊で、その名の通り豆のような形をしたものが多いが、変形したものも見られる。重量は不定だが、大半が10(37.5グラム)程度以下(標準的なものは5~7グラム程度)の秤量銀貨で、実際には10匁を超える大型のものもあるが、そのようなものは稀である。豆板銀の中で特に小粒のもの(0.1~0.3匁程度。現代の古銭収集界では1グラム以下のものと定義している)は露銀(つゆぎん)と呼ばれ、僅かな目方の調整に用いられた。

表面には「常是」および「寳」に加えて年代を現す文字極印が打たれ、また片面ないし両面に大黒像の極印が丁寧に打たれたものが存在し、恩賞および贈答用とされる。年代印は、大黒の腹部や、大黒および「寳」文字の周囲(「廻り文」「廻り保」など)に打たれたり、小さい文字の集合の形(群打ち。「群文」「群保」など)で打たれたり、大きく1文字(大字打ち。「大字文」「大字保」など)で打たれたりした。片面大黒(片面打ちで大黒像が70%以上識別できるもの)や両面打ちは他のものより存在が少ないことから現代の古銭市場では高値で取引されている。海外の貨幣市場では大字打ちとその他で分類されているようである。

それ自体を取引に利用するほか、丁銀に対する小額貨幣として補助的な役割をもつ。例えば、小型の丁銀に豆板銀を加えて重量を43匁(約161.25グラム)にあわせ、紙に包んで封印し、まとめて使用する事も行われた。これを包銀という。丁銀は包銀の形で大口取引に使用されることが多く日常生活で使用するには高額過ぎ、裸で使用されることはほとんどなかったが、豆板銀については持ち運び可能な銀秤(ぎんばかり)により随時秤量しての支払いが可能であり、また現金を銭緡(ぜにさし)で持ち歩くよりも携帯に便利で、適宜両替屋に替えて使用するなど、重宝された。

元和6年(1620年)頃に鋳造された慶長豆板銀に始まり、安政6年(1859年)の安政豆板銀まで常に丁銀と同じ銀品位で鋳造され、江戸時代を通じて発行された。慶応4年(1868年)の銀目廃止で丁銀ともども通用停止となった。

種類[編集]

括弧内は発行年、含有率(規定)。鋳造量は丁銀に含まれる[1][3][4][5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年
  2. ^ 瀧澤武雄,西脇康 『日本史小百科「貨幣」』 東京堂出版1999年
  3. ^ 佐藤治左衛門 『貨幣秘録』 1843年
  4. ^ 勝海舟 『吹塵録』 1887年
  5. ^ 『新旧金銀貨幣鋳造高并流通年度取調書』 大蔵省1875年