西部開拓史 (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西部開拓史
Homesteader Droopy
監督 テックス・エイヴリー
脚本 ヘック・アレン
製作 ロバート・ベントレー
ウォルター・クリントン
グラント・シモンズ
マイケル・ラー
製作総指揮 フレッド・クインビー
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年7月10日
上映時間 7分32秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 西部の大決闘
次作 デキシーランド犬
テンプレートを表示

西部開拓史』(原題:Homesteader Droopy1954年7月10日)は、アメリカ合衆国映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

牛車に乗り、開拓地を目指すドルーピー一向。しかし、そこには様々な困難が待っていた。食事や、川を渡ったり、インディアンの襲来等の困難を乗り越えて、広い草原を開拓する。そこに家を建て、農業用のを作る。

ちょうどそこに、の水を飲んでいたがいた。しかし、湖に柵を張られて水が飲めなくなった牛は腹を立て、街にいたオオカミに訴える。それを知ったオオカミは、早速に乗り、ドルーピーを妨害しようと画策するが、全て失敗に終わった。

オオカミは、銃で対決する。その甲斐があったのか、ドルーピーを人質にすることに成功。しかし、まだドルーピーの息子がいた。オオカミはドルーピーの息子に「変な音たてるな!」と怒り、ミルクに繋がっていたホースに息を吹きかけると、小屋から風船の様に膨らんだ牛が浮いていた。

その様を見て柄の悪い笑い声で笑うと、ドルーピーの息子が腹を立て、オオカミをやっつけてしまう。最終的にオオカミはドルーピーのお手伝いさんにさせられてしまった。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
今回は開拓者になっている。
ドルーピーの妻
今回のみ登場する。女だが、銃の使いはかなりの腕前である。
ドルーピーの息子
上記の二人の一人息子。まだ赤ちゃんで、ミルクが無いと泣いたりするが、怒ると今までにない力を発揮する。
オオカミ
今回の悪役。何故か髭がはえている。旧地上波版では『悪いことなら何でも手伝う男 ダン』という異名を持つ。「これが西部の掟だ。」が口癖である。
ヘラジカ
普段は壁に掛けてある置物だが、怒ると相手に猛突進してくる。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS版の『トムとジェリー』の短編に挟まれて放映されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]