クレイジーな取り替えっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレイジーな取り替えっこ
あべこべ騒動
Crazy Mixed Up Pup
監督 テックス・エイヴリー
脚本 テックス・エイヴリー
製作 ウォルター・ランツ
出演者 ドウズ・バトラー
ダル・マッケノン
グレース・スタフォード
音楽 クラレンス・ウィーラー
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年2月14日
上映時間 6分10秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

クレイジーな取り替えっこ』(原題:Crazy Mixed Up Pup)は、アメリカ合衆国映画会社ユニバーサル・ピクチャーズに所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。1954年アカデミー賞短編アニメ部門ノミネート作品。

内容[編集]

ある日、サムは犬のローバーの散歩のついでに妻のマーガレットに買い物を頼まれた。(フィーフィーという雌犬も飼っている)サムは、マーガレットに「道路を渡るときは注意してね」と忠告した。サムが、買い物のメモを確認している時に道路に差し掛かり、渡ろうとしたときに運が悪くも猛スピードで走る車に轢かれてしまう。

すぐに救急車が来て輸血を行ったが、医者があまりに慌てていたので人間の血と犬の血を逆に入れてしまう。こうして、サムには犬の血が、ローバーには人間の血が入ってしまった・・・。輸血後、すぐに起こしてみると、サムはいきなりノミを掻く仕草をし、ローバーは煙草を吸う

肉屋に着いた時に、肉屋の店員がTボーンステーキを渡すと、サムは強引にステーキに噛みいてそのまま走っていくと、ローバーがステーキの代金を支払う。

家に帰ってからも、マーガレットや牛乳配達員までもがその奇妙さに混乱してしまい、とうとうマーガレットはフィーフィーと供に家出してしまう。だが、マーガレットたちもサムたちと同じ轍を踏むことになり・・・。

長年MGMに所属していたテックス・エイヴリーがユニバーサル・ピクチャーズに入社して初めての短編アニメ作品であり、同年のアカデミー賞にもノミネートされた。

キャスト[編集]

キャラクター 原語版声優
サム・スミス ドウズ・バトラー
ローバー
牛乳配達員
マーガレット・スミス グレース・スタフォード
 フィーフィー
 ローバー(鳴き声)  ダル・マッケノン

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:テックス・エイヴリー
  • 製作:ウォルター・ランツ
  • アニメーション製作:ラ・ヴァーン・ハーディング、ドン・パターソン、レイ・アブラムズ
  • セットデザイン:レイモンド・ジャコブス
  • 音楽:クラレンス・ウィーラー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]