スポーツの王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スポーツの王様(原題:The Chump Champ 公開:1950年11月4日)は、アメリカ合衆国の映画会社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。これは無敗のドルーピーが初めて負ける作品である。

スタッフ[編集]

監督 テックス・アヴェリー
制作総括 フレッド・クインビー
アニメーション制作 ウォルター・クリントン マイケル・ラー グラント・シモンズ
脚本 リッチ・ホーガン
音楽 スコット・ブラッドリー

内容[編集]

全米一のチャンピオンを決めるスポーツ大会が行われ、決勝に残ったのはドルーピーとスパイク。優勝者はスポーツの女王とキスさせてもらえるという特典に両者は張り切って競技に臨む。
ドルーピーを出し抜いて優勝してやろうと企んだスパイクはずるをしてドルーピーの競技を何度も妨害するがうまくいかない。最後はドルーピーを騙して「全ての競技でズルをした」という誓約書を書かせ、優勝してしまうが、出てきた女王はスパイクが好みとするタイプではなかったため、スパイクは驚いて逃げ去ってしまう。これを見たドルーピーは「ずるした奴は結局負ける」とつぶやいた。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
今回はスポーツ大会の選手役。スパイクに優勝を許してしまったため、優勝を逃すが、好むタイプではない女王に追いかけられるスパイクを見て「するした奴は結局負ける」とつぶやく。無敗だったドルーピーが初めてスパイクに負けていた。
スパイク
スポーツの女王からキスしてもらおうとドルーピーを妨害するが逆にやられてしまう。ドルーピーに勝利し、最後には優勝するが、出てきた女王は彼のタイプではなかったため逃げ去ってしまう。なお、原作では「ゴージャス・ゴリラ・ウェンツ」と呼ばれていた。

日本でのテレビ放送[編集]

TBS系『トムとジェリー』で真ん中の作品として放送された。

DVD[編集]

・ドルーピー君サーカスへ行く 編

・トムとジェリーVOL.7 特典映像

関連事項[編集]