西部の大決闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西部の大決闘(原題:Drag-A-Long Droopy 公開:1954年1月30日)は、アメリカ合衆国の映画会社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

西部開拓時代ヒツジの大群を引き連れて大草原を進むドルーピーが、広大な牧場で多数のを飼っているオオカミとの縄張り争いになる。間抜けなオオカミはドルーピーとの一対一の勝負に惨敗し牧場へ逃げ去る。翌朝、オオカミ率いる牛の大群と、ドルーピー率いるヒツジの大群が大草原で激突する。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
今回は羊飼いの役。多数のヒツジを巧みに操り、行く手に立ちはだかるオオカミに挑む。
オオカミ
多数の牛を飼っている牧場主。縄張りに侵入してきたドルーピーを撃退しようとするが、返り討ちに遭い惨敗。乗馬が下手で、タクシーでドルーピーを追尾する。

日本でのTV放映[編集]

TBS版の『トムとジェリー』の短編に挟まれて放映されていた。

関連事項[編集]