チャンピオン誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャンピオン誕生(原題:Señor Droopy 公開:1949年4月9日)は、アメリカ合衆国の映画会社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

メキシコ闘牛場でチャンピオンのオオカミと挑戦者のドルーピーが雑誌に載っている美女を巡って闘牛で勝負する。勇敢に立ち向かうドルーピーだが牛に馬鹿にされ、相手にされない。一方のオオカミは巧みに牛を翻弄するも、とどめをさそうとしたところでドルーピーに邪魔され、形勢逆転となり牛に追われて逃げ惑うばかり。おびえるオオカミは辛うじて牛を扉の向こうに追いやり勝利を宣言するが、油断した隙に扉から出てきた牛に突かれ場外へ退場となる。勝ち誇る牛にドルーピーが勝負を挑むが軽くあしらわれ、雑誌の美女を見て「友達になれないよ。夢見た僕が馬鹿だったんだな・・・。」とすすり泣く。これを見た牛が美女の顔に落書きしてガラの悪い声で笑い転げる。これに激怒したドルーピーは驚異の力を発揮し牛をやっつけ、場外に放り投げる。新チャンピオンとなったドルーピーは雑誌の美女を手に入れたのであった。なお、この作品から正式に「ドルーピー(Droopy dog)」という名称が用いられている。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
今回はチャンピオンに挑む闘牛士役。
オオカミ
ドルーピーの挑戦を受けるチャンピオン。今回は悪役ではないが、間抜けなやられ役ではある。序盤は牛を翻弄するも、ほどなく形勢が逆転して一方的にやられ、突進する牛に轢かれたり、噛み付かれたりと散々な目にあう。
かなりの猛牛で、みなに恐れられている。スロースターターで当初はオオカミに翻弄されるが、とどめを刺されそうになると本気を出してオオカミを圧倒、場外へ放り出す。だが、あまりの強さに慢心しドルーピーを馬鹿にしたため最後はこっぴどくやられてしまう。声優はテックス・アヴェリー本人が演じている。
司会者
ヒゲ面の男性。いなせで威勢のいい口調。
美女
メキシコ出身の女優、リーナ・ローマイ。実写で登場する。

日本でのTV放映[編集]

TBS版の『トムとジェリー』の短編に挟まれて放映されていた。

関連事項[編集]