西條キロク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西條キロク(さいじょう きろく、1938年4月28日 - 2012年1月7日)は、日本作曲家

人物[編集]

静岡県浜名郡雄踏町(現在の浜松市西区)出身[1]。本名は坂下喜六。

地元の河合楽器製作所に就職、ピアノ調律師を務めていた。河合楽器退職後に千葉県船橋市に居を構えて自らの事務所(さかした音工)を設立。作曲家に転身した。

森進一天童よしみ三沢あけみらの作品を手掛ける一方で、故郷浜松を舞台とした作品も発表。また、静岡放送ラジオで『西條キロクの部屋』という番組を1978年に始め、2010年8月まで続けていた。

2006年には静岡県浜松市の観光大使(浜松やらまいか大使)に就任、亡くなるまで務めた[2]

2012年1月7日、心筋梗塞のために死去[3]。73歳没。

2012年2月4日、浜松市にて「お別れの会」が営まれた[4]

主な作品[編集]

  • 『終列車』(森進一)
  • 『夜明け』(天童よしみ)

脚注[編集]

  1. ^ 浜松市トップ > 情報のひろば > はままつ市長の部屋 > 私の行動計画・記録”. 浜松市 (2008年2月20日). 2010年5月28日閲覧。
  2. ^ 西條キロクさんからのメッセージ 静岡県浜松市オフィシャルサイト
  3. ^ 西條キロクさん73歳=作曲家 毎日新聞 2012年1月9日閲覧
  4. ^ 西條キロクさんの死を悼む お別れ会に350人参列 静岡新聞アットエス 2012年2月5日閲覧