藤本泰司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤本泰司
出生名 藤本泰司
別名 TAIJI
生誕 (1963-03-04) 1963年3月4日(56歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ミュージシャン
ギタリスト
担当楽器 ギター
共同作業者 DANCER
JUDY AND MARY
D.T.R
THE DEAD P☆P STARS
公式サイト ブログ 退かぬ!媚びぬ!省みぬ!Flying-Vivid

藤本 泰司/TAIJI(ふじもと たいじ、1963年3月4日 - )は、日本ミュージシャンギタリスト)。DANCERやJUDY AND MARYD.T.RTHE DEAD P☆P STARSなどで活動。

概要[編集]

1980年代より現在まで長い間活動するギタリスト、作曲家である。数々のバンドに正式メンバー、サポートメンバー含めて参加してきたが、現在はTRICK、PIRANHA SIXTY-NINE KINGZに所属。特にDancerで名を上げ、D.T.Rでの活動も知られている。Dancer、JUDY AND MARYやD.T.Rその他の活動では本名、THE DEAD P☆P STARSではTAIJIを名乗っている。フライングVタイプのギターはトレード・マークにもなっている。

略歴[編集]

  • 1980年代ヘヴィ・メタルバンドDANCERでギタリスト活動。
  • 1991年山羊智詞&赤羽楽団に参加。
  • 1991年、ソロアルバム「My Quest」を藤本泰司&フレンズ名義で日本クラウンよりリリース。タイトル曲ではハードロック系ギタリスト7人(黒木政彦・梶山 章・橘高文彦・日下部正則・白田一秀・TATSU・大谷レイブン)を集めて交代で1フレーズずつソロを担当してもらい、雑誌で「誰がどのソロパートを弾いているか」を当てるクイズを実施した。
  • 1992年に元PRESENCEJACKS'N'JOKER恩田快人YUKIらと共にJUDY AND MARYを結成。彼の在籍した当初のJUDY AND MARYは恩田メインのパンク・ロック的な方向性に加え、藤本のハードロック色強いギタープレイで、彼の後任ギタリストTAKUYAの時代に確立されるパワー・ポップとは異なったハードな路線であった。
  • JUDY AND MARYはインディーズでアルバムBE AMBITIOUSをリリースするも、当初は恩田のソロ的なプロジェクトであり、一回限りの結成の予定だったため、メジャーデビューは視野に入れていなかった。その後恩田の意向が変わり、デビューが決定した時点では恩田はJACKS'N'JOKERの脱退を決意しており、他のメンバーもデビューに向けての再集結に同意していたが、藤本は既にソロアルバムなどの制作が決定しており、参加出来る状態ではなかったため、これを辞退した。以降のJUDY AND MARYに関してはバンドの当該ページを参照のこと。
  • JUDY AND MARYでのメジャーデビューを辞退した後、結局ソロアルバムの制作は頓挫するが、1994年には元XLOUDNESSベーシスト沢田大司(現・沢田泰司)らと共にDIRTY TRASHROAD(現D.T.R)を結成。
  • 同年ファースト・アルバム『DIRTY TRASHROAD』と、そのアコースティック版の『DIRTY TRASHROAD〜Acoustic』をリリース。オーソドックスなアメリカン・ハードロックスタイルや、沢田の得意とするアコースティック曲を展開した。
  • 1995年に『DARING TRIBAL ROAR』をリリースするが、1996年ボーカルの竹内光雄が脱退、沢田の離婚やその他の問題での失踪により、D.T.Rは活動停止を余儀なくされる。藤本はD.T.R継続の意思がずっとあったようで、音楽誌から「D.T.Rはどうなっているのか」という質問を受ける度に「解散していないし、再開したいと考えているがリーダーの沢田が失踪している状態なのでなんとも言えない。」と答えていた。
  • 1997年にDANCERのヴォーカル前田敏仁、DEAD ENDのベース増本正志、PRECIOUSの高濱祐輔らとGroove masterを結成するも、アルバムを1枚リリースし、数回ライブを行ったのみである。
  • D.T.Rの停止後はTHE DEAD P☆P STARS(D.p.s)にサポートメンバーとして参加し、2003年に正式メンバーとなる。D.p.sでは本名ではなく芸名のTAIJIを使用している。
  • 音楽界に復帰した沢田が結成したポップバンド音風にもサポート・ギタリストとして参加。後に正式メンバー。
  • ボーカルのMASAYO脱退により音風が活動停止。
  • 2006年にはD.T.Rの活動を再開。
  • 2008年、PIRANHA SIXTY-NINE KINGZ(藤本の加入に伴いPIRANHAより改名)にd.p.sと同じくTAIJIの名で加入。
  • 2009年11月、D.T.R解散。同時に沢田と黒田による新生D.T.Rの結成も発表されたが、こちらには不参加となった。
  • 2010年5月、d.p.sを脱退。
  • 2010年†яi¢кを結成、聖飢魔IIトリビュートアルバムに参加。
  • 2014年3月14日、フジテレビ系「僕らの音楽」に、恩田快人五十嵐公太と出演。番組ゲスト小南泰葉・対談相手中川翔子をボーカルに迎え「そばかす」を演奏した。

作品[編集]

アルバム[編集]

DANCER[編集]

  • In The Beginning...(1986年12月25日、MANDRAKE ROOT RECORDS)- アナログLP
  • GRAVE DIGGER(1987年10月21日、MANDRAKE ROOT RECORDS)- アナログEP
  • Violent Emotion(1988年3月15日、MANDRAKE ROOT RECORDS)- アナログLP
  • Memorial(1992年、日本クラウン )- CD
  • Best Of Taiji Fujimoto(1994年9月21日、日本クラウン )- CD

藤本泰司&フレンズ[編集]

  • MY QUEST (1991年、日本クラウン)

JUDY AND MARY[編集]

  • BE AMBITIOUS (1992年、CHAINSAW RECORDS)

D.T.R[編集]

  • DIRTY TRASHROAD(1994年7月1日、ポリドール
  • DIRTY TRASHROAD〜Acoustic(1994年7月1日、ポリドール)
  • DARING TRIVAL ROAR(1995年5月25日、ポリドール)
  • DRIVE TO REVOLUTION(1996年8月1日、ポリドール)

Groove Master[編集]

  • ...And the day will begin(1997年3月21日、TRYCLE RECORDS/TEICHIKU RECORDS)

THE DEAD P☆P STARS[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]