イロトリドリ ノ セカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イロトリドリ ノ セカイ
JUDY AND MARYシングル
初出アルバム『POP LIFE
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル エピックレコーズ
作詞・作曲 TAKUYA
チャート最高順位
JUDY AND MARY シングル 年表
ミュージック ファイター
1998年
イロトリドリ ノ セカイ
1998年
手紙をかくよ
1998年
テンプレートを表示
イロトリドリ ノ セカイ
ROBOTSシングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル エピックレコーズ
作詞・作曲 TAKUYA
チャート最高順位
ROBOTS シングル 年表
she-through
1998年
イロトリドリ ノ セカイ

ALCHEMIST
1998年
JUMPING JACK
1999年
テンプレートを表示

イロトリドリ ノ セカイは、日本ロックバンドJUDY AND MARYの16枚目のシングル、及びTAKUYAのソロユニットであるROBOTSの5枚目のシングル。

正式なタイトルはこうであるが、JUDY AND MARY版シングル(規格品番:ESDB-3859)、ROBOTS版シングル(規格品番:ESDB-3858)共に表ジャケットでは「ノ」の前後を空けない「イロトリドリノセカイ」という表記がされている(ROBOTS版の表記は正確には「イ」の文字が小さい「ィロトリドリノセカィ」。

解説[編集]

1998年9月9日エピックレコーズよりリリースされた。JUDY AND MARY版とROBOTS版の同時発売であり、競作となった。表・裏ジャケットも連動している。さらに、ROBOTSについては「ALCHEMIST」と同時発売であった。

JUDY AND MARY版はアルバム『POP LIFE』からのシングルカット。ROBOTS版は2008年5月時点でアルバム未収録。

JUDY AND MARYのシングル曲の中で唯一、TAKUYA単独の作詞・作曲の楽曲である。ただし、冒頭の「アイニ ツマヅイテ ダイタ」と最後の「ウタオウ ナガレルママニ ウタオウ」の部分だけはYUKIの詞である。

ROBOTSのシングルとしては、「コイビト」に次ぐ2番目の売り上げを記録した。

2007年にはap bank fes '07にてBank Bandによって演奏され、2008年には『沿志奏逢2』にBank Bandによるカバーが収録された。

収録曲[編集]

収録曲・曲順は2盤共通。 作詞・作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY(JUDY AND MARY盤)、TAKUYA(ROBOTS盤)

  1. イロトリドリ ノ セカイ (5:53)
  2. イロトリドリ ノ セカイ (Backing Track) (5:52)

収録アルバム[編集]