藤岡勇貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじおか ゆうき
藤岡 勇貴
プロフィール
愛称 まろ・マロ
出身地 日本の旗 日本 兵庫県洲本市
生年月日 (1984-07-08) 1984年7月8日(35歳)
血液型 O型
最終学歴 大阪市立大学卒業
勤務局 サンテレビジョン
部署 社会情報部
職歴

青森朝日放送アナウンサー
2007年4月 - 2015年3月

サンテレビジョン報道部記者
2015年4月以降)
活動期間 2007年4月 -
ジャンル 報道番組
出演番組・活動
出演中 情報スタジアム 4時!キャッチ
出演経歴 スーパーJチャンネルaba
(青森朝日放送時代、隔週)
NEWS PORT
(サンテレビ時代、不定期)

藤岡 勇貴(ふじおか ゆうき、1984年7月8日 - )は、サンテレビジョン(SUN-TV)の社会情報部に所属するキャスターで、元・同局報道部記者、および青森朝日放送アナウンサー

兵庫県洲本市出身。血液型はO型。東日本大震災ボランティアグループ「勇往会」の代表で、防災士の資格を保有する。

経歴[編集]

大阪市立大学経済学部卒業後の2007年4月1日付で、鈴木理香子と共に、アナウンサーとして青森朝日放送に入社。2008年には、第90回全国高等学校野球選手権青森大会準々決勝・青森山田高校青森高校 戦テレビ中継の実況で、第7回ANNアナウンサー賞高校野球実況部門の奨励賞を受賞した[1]

その一方で、アナウンサーと並行しながら、ドキュメンタリーのディレクターとしても活動。「Dr.ぜんすけ~人情医師が残してくれたもの~」(2014年9月24日放送)[2]の制作によって、第52回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞を受賞[3]した。

2015年3月31日付で、青森朝日放送を退職[4]。翌4月1日付で、報道記者として、地元・兵庫県の独立局であるサンテレビへ移籍した。

サンテレビへの移籍当初は報道部に所属したが、後に社会情報部へ異動。アナウンサーではないが、『NEWS PORT』(2018年3月30日まで放送されていたローカルワイドニュース)や報道特別番組などで、不定期ながら放送に登場していた。同年4月3日からは、『情報スタジアム 4時!キャッチ』(『NEWS PORT』の後継番組)の火・木曜日で、サブキャスターとニュース解説をレギュラーで担当。

兵庫県の出身ながら青森朝日放送への在籍中に青森県内へ8年間居住した縁で、サンテレビ移籍後の2019年9月9日には、青森県から「元気あおもり応援隊」を委嘱されている。任期は、2021年9月8日までの3年間[5]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

サンテレビ記者時代[編集]

  • NEWS PORT(不定期・記者リポート)
  • 「炎の証言~神戸空襲70年 継承への警鐘~」2015年8月9日放送(ディレクター兼ナレーション)

青森朝日放送アナウンサー時代[編集]

過去の制作番組[編集]

ディレクターとして下記番組の制作に携わる。

脚注[編集]

  1. ^ 第7回ANNアナウンサー賞が決定! - テレビ朝日 (2015年3月30日閲覧)
  2. ^ 文春ムック「高倉健 Ken Takakura 1956-2014」2015年2月9日発売 / 定価(本体1300円+税)文藝春秋の記事によると、このドキュメンタリーを通して高倉健と手紙のやりとりを交わしていたエピソードを6ページにわたって明かしている。
  3. ^ 第52回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞(2015年3月30日閲覧)
  4. ^ 8年間お世話になりました!(2015年3月30日閲覧)
  5. ^ 元気あおもり応援隊 青森の魅力を関西に発信!(『藤岡勇貴のNEWSキャッチ!』2019年10月22日付記事)

外部リンク[編集]