藤原菅根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原菅根
時代 平安時代前期
生誕 斉衡3年(856年
死没 延喜8年10月7日(908年11月3日
別名 右生(
官位 従四位上参議従三位
主君 陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂
父母 藤原良尚菅野高年
兄弟 菅根当幹真輿顕相真能守、他
藤原氏江女、他
季方元方淑姫元姫
テンプレートを表示

藤原 菅根(ふじわら の すがね、斉衡3年(856年) - 延喜8年10月7日[1]908年11月3日)は、平安時代前期の貴族学者藤原南家右兵衛督藤原良尚の四男。官位従四位上参議従三位

経歴[編集]

元慶8年(884年文章生に補され、因幡権大掾を経て、寛平2年(890年対策に及第し、翌寛平3年(891年少内記に任ぜられる。寛平2年(890年)8月5日付藤原菅根等連署施入帳に名がみえ[2]、曽祖父黒麻呂と祖父春継が開発した藻原荘田代荘興福寺に施入している[3]。寛平5年(893年)敦仁親王の立太子に際して菅原道真の推挙で春宮侍読となり、親王に『曲礼』『論語』『後漢書』などを講じる。

寛平9年(897年)敦仁親王の即位醍醐天皇)に伴い、従五位下叙爵。さらに昇殿を許されて勘解由次官式部少輔に任ぜられ、同年11月には道真の推挙で再度昇叙されて従五位上となる。昌泰2年(899年)には文章博士となり、天皇の前で『史記』を進講した。昌泰3年(900年蔵人頭左近衛少将

昌泰4年(901年)に発生した昌泰の変では、醍醐天皇の外戚である中納言藤原定国とともに天皇に対して「天下之世務以非為理」と奏上して、菅原道真失脚するきっかけを作り、さらに道真の左遷を諫止するために参内しようとした宇多上皇内裏の門前で阻んだという[4]。これについては、かつて宮中での庚申御遊の折に道真に衆前でを打たれた屈辱を晴らそうとしたものとされ[5]、後年菅根が道真の祟りを受けて死んだとされる伏線となる話である。しかしながら、菅根のみならず、道真の盟友であった左大弁侍従紀長谷雄も上皇の参内を阻止したとされることや[6]、宇多上皇がかつて在位中に天皇の許可の得ない上皇の参内を禁じたともされることから[7]左大臣藤原時平もしくは醍醐天皇の命令に従って、菅根はその職責を果たしたに過ぎないとする見方もある。なお、菅根は上皇の参内阻止の責任を取らされ、一旦蔵人頭を解任されて大宰大弐左遷されるが、翌月には九州へ出発することなく蔵人頭兼式部少輔に再任されて、3月には権左中弁を兼務している。

昌泰の変以降、延喜2年(902年正五位下延喜3年(903年従四位下・式部権大輔、延喜6年(906年)従四位上と急速に昇進する。この間、延喜4年(904年保明親王が皇太子に立てられるとその春宮亮を兼ね、延喜5年(905年)に作成が命ぜられた延喜式の編纂にも参画している。延喜8年(908年)正月に参議に任じられ公卿に列するが、同年10月7日にに打たれて卒去享年53。最終官位は参議式部大輔従四位上。10月17日になって、従三位位階を贈られた。

人物[編集]

学問に熱心で、経書史書や多くの学者の著した書物に幅広く通じていたという[8]。勅撰歌人として『古今和歌集』に1首の和歌作品が入集している[9]

官歴[編集]

注記がないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

菅根の子孫は息子・元方が文章生から大納言にまで昇り、元方の子の懐忠も大納言、懐忠の子の重尹権中納言に昇るなど三代にわたり公卿を出した。それ以後は振るわなかったものの、彼を先駆者として藤原南家から文章博士が輩出されるようになった。なお、菅根の曾孫で、元方の孫に盗賊として著名な保輔がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 日本紀略』による。『尊卑分脈』では同月17日没。
  2. ^ 『朝野群載』
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 12 千葉県』 847頁
  4. ^ 大鏡』『菅家文章
  5. ^ 北野天神縁起
  6. ^ 扶桑略記
  7. ^ 長秋記
  8. ^ 日本三代実録』貞観19年3月10日条
  9. ^ 『勅撰作者部類』
  10. ^ 滝川幸司「橘広相考 四」『奈良大学紀要 42号』奈良大学、2014年

参考文献[編集]