藻原荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藻原荘(もばらのしょう)は、奈良時代に成立した日本の初期荘園のひとつ。上総国長柄郡、現在の千葉県茂原市を中心とする一宮川流域に存在したと推定される。

朝野群載』所収の、寛平2年8月5日付藤原菅根等連署施入帳にみえ、興福寺領であった。

宝亀5年(774年)上総介に任ぜられ現地に赴任した藤原黒麻呂は、入手した牧を開墾し藻原荘が成立した。黒麻呂の子春継常陸大目坂上盛の女をめとって藻原荘に住み生涯を終えたが、その子良尚に同荘を興福寺に施入するよう遺言した。そして寛平2年(890年)良尚の子菅根等が興福寺に施入した。

参考文献[編集]