蒼きウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

蒼きウル」(あおきウル)は、日本のアニメ制作会社ガイナックスが1990年代に企画したものの未完に終わり、2013年に同社が再度制作発表したアニメ映画1987年公開のアニメ映画「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の続編にあたる。

経緯[編集]

1990年代[編集]

王立宇宙軍 オネアミスの翼」の制作を目的に1984年に設立されたアニメ制作会社ガイナックスは、1990年に放映されたテレビアニメシリーズ『ふしぎの海のナディア』の成功を受け、同作の劇場版を制作して翌1991年に公開したものの、興行成績は不振に終わり、制作資金の回収が急務となっていた。さらに1992年には創業以来代表取締役を務めていた岡田斗司夫が退社したことから、同社は新体制下での新作アニメを検討。出資者を募りやすいとの見通しのもと[1]、創業作品である「王立宇宙軍」に「ケリをつける必要がある」という名分を設け[2]、同作の続編アニメ映画として企画されたものである。

舞台は「王立宇宙軍」の50年後とし、ストーリー上の直接の繋がりや共通するキャラクターは登場しない[1]。企画当初は原作・脚本を山賀博之、監督を庵野秀明が務めることとし、絵コンテおよび原画作業に着手したが[3]、作品構想を完全に実現するために必要な数十億円の制作資金を確保できるめどが立たず[4]、ガイナックス自体の経営も厳しかったことから作業は中断され、企画は凍結された[5]

この直後、庵野が構想していたテレビアニメシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』の企画が具体化したため、「蒼きウル」制作のために集められたスタッフのほとんどがスライドすることになった[6]

のち、1997年になって企画が再開されたが、庵野が監督を辞退したため、代わりに山賀が監督を務める形で企画された[7]。しかし、1998年にCD-ROMによるデータ集「蒼きウル 凍結資料集」、2000年にPCゲーム「蒼きウル コンバットフライトシミュレータ プレーン&ミッションモジュール」シリーズが発売されるにとどまり、作品の制作は行われなかった。

2010年代[編集]

ガイナックスでは、制作陣の主軸だった庵野秀明が2007年に退社したのちの主力として、テレビアニメシリーズ『天元突破グレンラガン』や『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』などを制作した大塚雅彦今石洋之ら主要スタッフが2011年以降、相次いで退社する中、同社は2013年の「東京国際アニメフェア2013」で突如イメージポスターを公開し、製作再開を発表した[8][9]

同年には2014年のパイロットフィルム公開[10]2018年の本作品世界同時公開をめざし、シンガポールに設立する有限責任事業組合の新法人「Uru in Blue LLP」を制作主体にすると発表して作業開始をうたったが、まもなくパイロットフィルムの公開時期を2015年春に延期する告知をした以外、具体的な動きはなかった。

2016年には、カラーが貸付金1億円の支払いを求めてガイナックスを提訴したことをきっかけに、同社の年商が2011年の10分の1にまで激減し厳しい経営状態に陥っている実情が明らかになった。山賀博之は翌2017年6月の同裁判終結後にガイナックス代表取締役名で出した謝罪文の中で、同月から「蒼きウル」の制作を開始していると言明したが[11]、進捗状況や公開の見通しに関するその後の具体的な公表はない。

スタッフ[編集]

過去に予定されていたスタッフ[編集]

1992年12月の時点
1997年の時点
  • エクゼグティブプロデューサー・原作・脚本・監督:山賀博之
  • プロデューサー:武田康廣・山賀博之
  • キャラクターデザイン:貞本義行
  • メカデザイン:士郎正宗・宮武一貴

関連作品[編集]

  • 蒼きウル コンバットフライトシミュレータ プレーン&ミッションモジュール

脚注[編集]

  1. ^ a b 『のーてんき通信』p156
  2. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p90
  3. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p92
  4. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p91
  5. ^ 『のーてんき通信』p158
  6. ^ 『スキゾ・エヴァンゲリオン』p148-p150
  7. ^ クイック・ジャパン』Vol.18、太田出版
  8. ^ “蒼きウル : ガイナックスの凍結アニメが20年ぶりに再始動”. まんたんウェブ (MANTAN). (2013年3月21日). http://mantan-web.jp/2013/03/21/20130321dog00m200013000c.html 2016年1月17日閲覧。 
  9. ^ 王立宇宙軍の続編「蒼きウル」20年ぶりに始動 ガイナックスがアニメフェアで発表”. アニメ!アニメ!. イード (2013年3月21日). 2016年1月17日閲覧。
  10. ^ 「蒼きウル」パイロットフィルム制作決定”. GAINAX NET. ガイナックス (2013年9月10日). 2016年1月17日閲覧。
  11. ^ お知らせ 株式会社ガイナックス、2017年6月23日

参考文献[編集]

  • 竹熊健太郎編『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』太田出版、1997年
  • 大泉実成編『庵野秀明 スキゾ・エヴァンエリオン』太田出版、1997年
  • 武田康廣『のーてんき通信 エヴァンゲリオンを創った男たち』ワニブックス、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]