葛飾坂東観音霊場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛飾坂東観音霊場(かつしかばんどうかんのんれいじょう)は、茨城県古河市五霞町八千代町栃木県野木町にある観音霊場の総称。正徳4年(1714年)、33ヵ寺の霊場にて開創。のちに追加されて、現在は 41ヵ寺からなる。

歴史[編集]

江戸時代正徳4年(1714年)、下総国葛飾郡久能村(茨城県古河市久能)の宝性院住職・秀伝が始めたとされる。西国三十三観音坂東三十三観音秩父三十四観音にならい、周辺33ヵ寺の同意を得て開創した。この時期には民衆による仏堂巡拝が盛んとなったが、負担が大きい遠地への巡拝ができない人々のために、各地域で高僧が小規模な寺院巡りを考案した。[1] [2]

のちに恩名村の養性寺を含む34ヵ寺となり、さらに7ヵ寺が追加されて、現在は 41ヵ所の札所からなる。明治初期に廃仏毀釈のため廃寺となった霊場もあったが、地域住民の厚い信仰心に支えられ、現在まで観音堂や観音像が維持されてきた。12年毎の午歳御開帳が行われる。[1] [2]

霊場一覧[編集]

茨城県古河市猿島郡五霞町結城郡八千代町栃木県下都賀郡野木町に分布している。

札所番号 山号・院号・寺号 通称・別称 よみかた 本尊 宗派 所在地 備考
1 宝篋山 実相院 じっそういん 千手観世音菩薩 真言宗豊山派 五霞町元栗橋1125 観音堂は明治11年に古河・長谷寺から移築
2 大士山 観音寺 山王観音寺 かんのんじ 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 五霞町山王290-2
番外 蓮花庵 れんげあん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 五霞町新幸谷231 「お寺」とも呼ばれる。現在、跡地は集会所
3 天福寺 てんぷくじ 十一面天神本地仏 真言宗豊山派 五霞町大福田947 明治初期に廃寺、天神社の左隣に観音堂
番外 地蔵堂 じぞうどう 千手観世音菩薩 真言宗豊山派 五霞町釈迦字地蔵前2422-1
4 㴱典山(深典山) 正徳寺 しょうとくじ 聖観世音菩薩 浄土宗 五霞町大福田758
5 鳳凰山 勝光院 しょうこういん 十一面観世音菩薩 真言宗智山派 五霞町小手指74 香取神社境内
6 浄雲寺 岩屋観音 じょううんじ 如意輪観世音菩薩 浄土宗 五霞町川妻岩屋堂246 「穴薬師」とも呼ばれる
7 中田山 萬福寺(万福寺) まんぷくじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市中田1040 山門を入ると左に観音堂
番外 明観山 観音院 長谷寺 長谷観音 はせでら 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市長谷町5-1
8 前林山 東光寺 とうこうじ 千手観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市前林1765 本堂西に観音堂
9 泉見山 金蔵院 宝照寺 こんぞういん 如意輪観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市下辺見2821 本堂東に観音堂
10 釈迦山 金乗院 世尊寺 こんじょういん 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市釈迦105
11 久松山 浄林院 浄林寺 じょうりんじ 十一面観世音菩薩 曹洞宗 古河市駒羽208 廃寺・観音堂は現存、跡地は集落センター
12 清浄山 歓喜院 吉祥寺 きちじょうじ 三面六臂観世音菩薩 時宗 古河市水海3026 山門を入ると左に観音堂
13 (高野)観音堂 かんのんどう 聖観世音菩薩 時宗 古河市高野西坪571 観音堂は近年再建
14 谷中山 宝性院 観音寺 ほうしょういん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市久能596 札元。開創者・秀伝の墓がある
15 葛生山(慈眼山) 真如院 しんにょいん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市葛生1654 明治初期に廃寺
番外 鍋入観音堂 なべいりかんのんどう 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市葛生1825 「掘出観音」、「安産観世音」とも呼ばれる。
16 柳橋山 龍蔵院 西光寺 りゅうぞういん 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市柳橋1178
17 不動山 華蔵院 けぞういん 千手観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市柳橋1163-1 明治初年に廃寺、現在まで住民が護持
18 益葉山 久昌院 きゅうしょういん 十一面観世音菩薩 曹洞宗 古河市山田503 猿島坂東観音霊場第9番札所を兼ねる
19 生光山 万福寺 まんぷくじ 如意輪観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市尾崎4477
20 常光山 勧行院 かんぎょういん 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 八千代町塩本15
番外 太光山 新長谷寺 八町観音 はっちょうかんのん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 八千代町八町149 関東八十八カ所霊場第38番札所を兼ねる
21 遍照院 へんじょういん 馬頭観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市尾崎880 現在は地域住民が管理
番外 道楽山 地蔵院 永光寺 えいこうじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市尾崎954 北関東不動霊場第34番、関東八十八カ所霊場第39番札所を兼ねる
22 慈光山 大善院 宝蔵寺 ほうぞうじ 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市諸川342-1
23 長宮山 長性寺 ちょうしょうじ 十一面観世音菩薩 時宗 古河市諸川430 明治初期に廃寺、観音堂は近年再建
24 慈眼山 圓能寺(円能寺) えんのうじ 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市五部348 明治初期に廃寺、観音堂は近年再建
25 清瀧山(清滝山) 不動院 大善寺 だいぜんじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市上片田368 明治初期に廃寺、観音堂は現存
26 佛立山(仏立山) 一乗院 いちじょういん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市下片田364
27 大悲山 真定院 観音寺 しんじょういん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市上大野1999 明治初期に廃寺、現在は地域住民が管理
番外 小久保堂 こくぼどう 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市上大野1489 小久保家管理
28 稲荷山 福智院 地蔵寺 ふくちいん 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市稲宮1079 明治初期に廃寺
29 関宝山 摩思院 阿弥陀寺 千手堂 せんじゅどう 千手観世音菩薩 浄土宗 古河市関戸1229 「関戸観音」とも。明治初期に廃寺、観音堂は現存
30 普門院 ふもんいん 聖観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市西牛谷92 明治初期に廃寺、観音堂は現存
31 観音寺 赤観音 かんのんじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 野木町中谷栗山251
32 如意輪堂 にょいりんどう 如意輪観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市小堤1122-4 観音堂は近年再建
33 宝林山 地蔵院 円満寺 えんまんじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市小堤1405 観音御開帳事務局がある。本堂西に観音堂
34 養性寺 ようじょうじ 十一面観世音菩薩 真言宗豊山派 古河市恩名2362 明治初期に廃寺、香取神社東側に観音堂が現存

参考文献は脚注 [3] [4] [1] [5] [6] [7]

御開帳[編集]

正徳4年(1714年)の開創以来、12年に一度の午歳に観音御開帳が行われている。最近では平成26年(2014年)が26回目の御開帳にあたる。期間は3月18日から4月17日までの1ヶ月間。各札所の観音像が公開され拝顔できる。準備作業は前年から始まり、円満寺に事務局が置かれて運営される。各札所に供養のための角塔婆が立てられ、主尊と参拝者を結ぶ「縁の綱」が張られる。参拝時にこの綱に触れると、観音様のご利益に与れる。参拝の証しとして「納経貼」に御朱印が押印され、全ての札所を巡ると「結願証」を受領できる。[1] [8] [9]

ご詠歌[編集]

各寺院に「ご詠歌」がある。仏の教えを平易に語り伝えたもので「巡礼歌」ともいい、寺院名や地名、景観などが織り込まれている。参拝時にご詠歌を唱えることは、経文読唱と同じ功徳があるとされる。[8]

例えば、第一番札所・実相院では「実相の 空にまよいの 雲はれて 真如の月の かげぞさやけき」。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『総和町史 民俗編』 総和町、平成17年(2005年)、462-470頁(仏堂巡拝)
  2. ^ a b 鈴木印刷所 制作・印刷・製本 『葛飾坂東札所めぐり公認ガイドブック 葛飾坂東観音御開帳』 平成26年(2014年)、10頁(葛飾坂東観音御開帳の由来)
  3. ^ a b 鈴木印刷所 制作・印刷・製本 『葛飾坂東札所めぐり公認ガイドブック 葛飾坂東観音御開帳』 平成26年(2014年)、39-90頁(葛飾坂東札所のご案内)
  4. ^ 『総和町史 民俗編』 総和町、平成17年(2005年)、452-457頁(総和町の寺院)
  5. ^ 『三和町史 通史編 近世』 三和町、平成12年(2000年)、166-182頁(常総の寺院と町内寺院)
  6. ^ 広報「古河」No.102(2014年3月1日) 葛飾坂東観音開帳が行われます1
  7. ^ 広報「古河」No.102(2014年3月1日) 葛飾坂東観音開帳が行われます2
  8. ^ a b 鈴木印刷所 制作・印刷・製本 『葛飾坂東札所めぐり公認ガイドブック 葛飾坂東観音御開帳』 平成26年(2014年)、11頁(葛飾坂東観音御開帳のあらまし)
  9. ^ 鈴木印刷所 制作・印刷・製本 『葛飾坂東札所めぐり公認ガイドブック 葛飾坂東観音御開帳』 平成26年(2014年)、13頁(観音様巡りを充実させるために御朱印をいただきましょう)

参考文献[編集]

  • 鈴木印刷所 制作・印刷・製本 『葛飾坂東札所めぐり公認ガイドブック 葛飾坂東観音御開帳』 平成26年(2014年)
  • 総和町史編さん委員会 編 『総和町史 民俗編』 総和町、平成17年(2005年)
  • 三和町史編さん委員会 編 『三和町史 通史編 近世』 三和町、平成12年(2000年)、166-182頁(常総の寺院と町内寺院)

関連項目[編集]