華ヤカ哉、我ガ一族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華ヤカ哉、我ガ一族
ゲーム
ゲームジャンル 女性向け恋愛AVG
対応機種 PlayStation Portable
発売元 アイディアファクトリー
キャラクターデザイン ユウヤ
プレイ人数 1人
発売日 2010年7月1日
2011年12月8日(キネマモザイク)
2013年7月11日(黄昏ポウラスタ)
売上本数 19,487本(キネマモザイク)[1]
レイティング CERO: C(15才以上対象)
CERO: B(12才以上対象)(黄昏ポウラスタ)
OVA:華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ
監督 葛谷直行
シリーズ構成 赤尾でこ
キャラクターデザイン 藤岡真紀
アニメーション制作 Team KG、Anpro
製作 華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ製作委員会
発売日 2012年12月21日(前篇)
2013年3月14日(後篇)
話数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ漫画
ポータル ゲームアニメ漫画

華ヤカ哉、我ガ一族』(はなヤカなり、わガいちぞく)は、アイディアファクトリーオトメイト)より2010年7月1日に発売されたPlayStation Portable恋愛アドベンチャーゲーム2011年12月8日ファンディスク華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク』(はなヤカなり、わガいちぞく キネマモザイク)が発売、2013年7月11日に『華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ』(はなヤカなり、わガいちぞく たそがれポウラスタ)が発売された。2012年12月と2013年3月にOVAが全2巻で発売された。

物語[編集]

時は大正時代。貧乏な家に生まれた主人公は、病気で倒れた父のために働いていた工場を辞め、帝都の大財閥・宮ノ杜家で使用人として雇われることになった。そこには腹違いの6人兄弟がおり、皆一癖も二癖もある者達ばかりであった。不慣れな仕事に悪戦苦闘しながらも持ち前の明るさで頑張る主人公だったが、やがて現当主・宮ノ杜玄一郎が思惑する次期当主争いに巻き込まれていく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

浅木はる(あさぎ はる)※名前変更可能
- 斉藤佑圭(OVAのみ)
18歳。158cm、46kg。実家は農家。
地方出身で父が倒れた事を機に東京に働き口を求めやってきた。喜助の紹介で、宮ノ杜家の使用人として奉公することが決まる。ドジではあるが天真爛漫で優しく、逆境にめげない芯の強い少女。好奇心が強く一人で突っ走る傾向があり「使用人らしくない」と揶揄される。
そのせいで目を付けられる事も多く、しばしば周りから窘められている。
宮ノ杜正(みやのもり ただし)
声 - 宮内敦士
宮ノ杜家長男。34歳。176cm、65kg。宮ノ杜銀行頭取。
自分にも他人にも厳しい性格で、宮ノ杜家長男としての責任を何よりも重んじている。視力が低く眼鏡をかけている。次男の勇とは幼少のころから犬猿の仲。兄弟で唯一勇のことを「大佐」と階級で呼ぶ。
宮ノ杜勇(みやのもり いさみ)
声 - 田坂秀樹
宮ノ杜家次男。31歳。180cm、68kg。帝國陸軍大佐。
愛国心が強く洋物が嫌い。周囲の人間には冷たく、心の機微に疎いところがある。兄弟へのライバル心が強い。特に兄・正に対しては何かと張り合っており、幼少より折り合いが悪い。
宮ノ杜茂(みやのもり しげる)
声 - 前田剛
宮ノ杜家三男。26歳。175cm、63kg。
色街で時々芸者をしている。享楽的な性格だが視野が広く、兄弟を取りまとめることも多い。日常的に女物の着物を着る。職の所為で他の兄弟からは疎まれる傾向にあるが、本人は気にしていない。
宮ノ杜進(みやのもり すすむ)
声 - 梯篤司
宮ノ杜家四男。22歳。174cm、65kg。警察官。交通課勤務。階級は巡査。
優しく真面目だが、周りの兄弟に振り回される器用貧乏な一面も。母親の家柄や唯一後ろ盾がなく、他の兄弟よりも劣ることで気苦労を強いられている。
兄弟の中では2番目の酒豪。因みに笑い上戸。そのため普段の落ち着いた性格は崩壊する。酒による失敗談が多い。
宮ノ杜博(みやのもり ひろし)
声 - 岸尾だいすけ
宮ノ杜家五男。18歳。173cm、60kg。尋常高等学校七年生。
明るい性格で使用人に対しても優しいが、飽きっぽく努力が苦手。物作りが好きで自分専用の作業室がある。ヴァイオリンの腕前は海外留学の誘いが来るほど。
なんでもそつなくこなすため努力して得る達成感や苦労を知らず、他の兄弟と違い取り得ややりたい事がないことに劣等感を持っている。「キネマモザイク」では兄弟で1番の酒豪であることが判明。
宮ノ杜雅(みやのもり まさし)
声 - 岡本信彦
宮ノ杜家六男。16歳。166cm、57kg。尋常高等学校伍年生。
達観した物言いをすることが多いが、直情的で子供っぽい一面も併せ持つ。兄弟の中では一番計算高く洋書を原文で読む程の頭脳を持つ。学校での成績も優秀。使用人や女性など自分より身分の低い人間を忌み嫌っており、人見知りも激しい。特に女性に関しては触れられるのも毛嫌いするほど。
宮ノ杜守(みやのもり まもる)
声 - 泰勇気
26歳。178cm、66kg。作家。
普段は御杜守(みもり まもる)という名前で小説家として活躍しているが、裏では暗殺者としての顔を持つ。その正体は玄一郎の隠し子で宮ノ杜家の本当の四男。病死した母親に一切手を差し伸べなかった玄一郎と何不自由なく育った6人兄弟を恨み復讐を誓っている。公式では隠し攻略対象扱い。キネマモザイクからは正式な攻略対象。
有田喜助(ありた きすけ)
声 - 片桐勇介
情報屋。27歳。玄一郎の命令で政界事情など主に裏の情報を集めている。そのせいで危険な状況に遭うこともしばしばある。キネマモザイクからは2周目以降の情報屋もーどで攻略対象。

その他[編集]

宮ノ杜玄一郎(みやのもり げんいちろう)
声 - 西村知道 / 楠田敏之(若い頃〈キネマモザイク〉)
宮ノ杜の当主。64歳。目的のためには手段を選ばず非情で且つ厳格な性格。自身がもうけた息子達の母親は全員異なっており、家柄も全てバラバラの6人の女性と結婚した。
結婚を繰り返した理由は非常に歪んでおり自己中心的な理由で、「自分から当主の座を奪う子供」を求め、兄弟が競い合うさまを見たかったからというものであった。
澄田サナ枝(すみだ さなえ)
声 - 小幡あけみ
正の母。52歳。自身の血筋と家柄に固執しており、非常に潔癖で神経質な性格。口調がきついため周囲からの反感を買いやすい。息子が宮ノ杜を継ぐことを他のどの母親よりも望んでいる。
本条院トキ(ほんじょういん トキ)
声 - 川上夏季 / 浅井晴美(キネマモザイク)
勇の母。50歳。京都出身で京弁で話す。茶道の家元本条院流本家の出身で、親子共に相当の腕前。非常に勝気で気位も高いが下々に対して気配りがないわけではなく、比較的面倒見もよい。
さっぱりした性格だが礼儀作法や言葉遣いに関しては勇も竦むほど厳しい。
家寿田静子(やすだ しずこ)
声 - 相澤奈美
茂の母。45歳。大阪出身で元芸者。サナ枝とは犬猿の仲。はるにも優しく、茂の親らしい乗りの良い一面も見せる。高級料亭「やす田」を経営しており、たびたび茂が芸者として働きに来ている。
自身の立場や茂に対して負い目を感じている節があり、息子には自身を母親として呼ぶのを禁じている。高級料亭という事もあり政界・軍の人間も利用することも多い。
有吉文子(ありよし ふみこ)
声 - 儀武ゆう子
進の母。43歳。母親たちの中では唯一一般家庭の出身。そそっかしいところがあり、よく持ち物を失くす。穏やかで優しい性格で、時折少女のような初心な反応をすることも。
自身の身分に関して引け目を感じており、宮ノ杜の家の行事には玄一郎との離別後は一切参加していない。今も玄一郎を心から慕っている。
佐伯ヨシ(さえき ヨシ)
声 - 渕崎ゆり子
博の母。42歳。時の首相の娘。心配性で少々おせっかい焼きなところがある。母親の中では唯一再婚していて、別の男性との間に信子という女の子をもうけている(博にとっては異父妹ではあるが兄妹関係は非常に良好)。
婦人活動を続ける傍ら父親との確執で衝突を繰り返している。かなりの酒豪でまったく酔わない。
伊村千代子(いむら ちよこ)
声 - 眞田朱音
雅の母。39歳。京都の老舗の呉服問屋「伊村屋」の娘。母親の中では一番若い。気が弱くおっとりしている。息子の雅からの扱いは酷く、辛く当たられている。玄一郎との結婚は政略結婚で夫婦仲は一番悪く呼び名も「伊村」と苗字でしか呼ばないほどであった。
江川千富(えがわ ちとみ)
声 - 光明寺敬子
玄一郎の専属使用人。58歳。宮ノ杜家使用人頭。仕事に誇りを持っており使用人たちを厳しく取りまとめている。情に厚い一面があり、はるに対しても時に母親のように接する。
杉村たえ(すぎむら たえ)
声 - 朝樹りさ
主人公の先輩使用人。18歳。しっかりものでかなり気が強い性格。はじめは露骨に嫌な態度を取っていたが、はるの性格に根負けする形で友達関係になる。憎まれ口をたたきながらも面倒見がよい。いわゆるツンデレ。現実主義。
加賀野平助(かがの へいすけ)
声 - 小林範雄
玄一郎専任の執事。66歳。一見、物腰穏やかだがしたたかな性格。主人の玄一郎に忠誠を誓っている。
九十九院紀夫(つくもいん のりお)
声 - 興津和幸
九十九院銀行頭取。33歳。長男・正の親友で幼馴染で九十九院家の跡取り。気さくな性格で身分の違うはるにも優しく接する。正とは境遇が似ている事もあり互いに切磋琢磨しあい、自他共に認める好敵手。「やす田」で働く紅に一目惚れをし、身分違いの恋に苦悩する。
澄田三治(すみだ さんじ)
声 - 増田雄市
警察官で交通課勤務、のちに特高課勤務。進の同期で数少ない友人。年齢は進より1つ年上の24歳。面倒見がよくサバサバした性格。サナ枝とは親戚で、本家と分家の関係に当たる。
紅(くれない)
声 - 飯野ユウ
料亭「やす田」で一番人気の芸者。優しくしっかり者。茂や静子とは旧知の仲である。
小野田秀男(おのだ ひでお)
声 - 近藤隆
キネマモザイクから登場。
新たに宮ノ杜家使用人として勤める事になった人。去年の主人公と同じく使用人の経験がない為失敗が続くが、前向きな性格で乗り越えていく。
館野成信(たての なりのぶ)
声 - 保阪尚希
黄昏ポウラスタで登場。
館野土地開発会社社長。33歳。土地や建物の売買で人脈を作り伸し上がってきた人物。人当たりは良いが自分以外は誰も信用していない。政界への進出の後ろ盾と金銭支援を得るため、宮ノ杜家へ別荘物件を売り渡し近づく。
館野毅(たての つよし)
声 - 田村睦心
黄昏ポウラスタで登場。
成信の長男。13歳。父親の命令にのみ絶対服従している。年齢よりしっかりした子供に見え感情を表に出すことがない。
芦田カヨ子(あしだ かよこ)
声 - 仙台エリ
黄昏ポウラスタで登場。
芦田酒造の長女。18歳。物怖じせず誰にでも気軽に声をかけ興奮すると早口で喋る癖がある。初対面で相手の年齢を当てようとするが殆ど当たらない。帝都に憧れを抱いているが既に隣村の相手と結婚が決まっている。

スタッフ(ゲーム)[編集]

  • シナリオ - 高木亜由美
  • キャラクターデザイン・原画 - ユウヤ

主題歌(ゲーム)[編集]

華ヤカ哉、我ガ一族[編集]

オープニングテーマ「桜散ル夜 〜ハナチルヤ〜」
作詞・歌 - みとせのりこ / 作曲・編曲 - 弘田佳孝
エンディングテーマ「キネオラマ」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu
エンディングテーマ「薄明」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu

キネマモザイク[編集]

オープニングテーマ「キネマモザイク」
作詞・歌 - みとせのりこ / 作曲・編曲 - 吉野裕司 / 演奏 - 弦一徹ストリングカルテット / トライアングル - 海沼正利
エンディングテーマ「黎明」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu
エンディングテーマ「星路煌々」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu

黄昏ポウラスタ[編集]

オープニングテーマ「ナヴィガートリア 〜北極星〜」[2]
作詞・歌 - みとせのりこ / 作曲・編曲 - 中河健
エンディングテーマ「君知ル哉、此ノ華」[2]
作詞・歌 - みとせのりこ / 作曲・編曲 - 弘田佳孝
挿入歌「天球トロイメライ」[2]
作詞・歌 - みとせのりこ / 作曲・編曲 - Dani

OVA[編集]

タイトルは『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』。前篇が2012年12月21日に、後編が2013年3月14日に発売された。発売に先駆け、2012年11月と2013年3月にシネマサンシャイン池袋シネリーブル梅田にて劇場先行公開、2012年12月と2013年3月にAT-Xにて先行放送が行われた。

スタッフ(OVA)[編集]

主題歌(OVA)[編集]

オープニングテーマ「ファンタスマゴリア」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu
エンディングテーマ「シャル ウヰ ダンス」
作詞・歌 - Ceui / 作曲 - 小高光太郎、Ceui / 編曲 - 小高光太郎

各話リスト[編集]

話数 作画監督
前篇 藤岡真紀、小沢久美子
LEE JUNJONG
後篇 藤岡真紀、小沢久美子
鳥山冬美、をがわいちろを
木下ゆうき

Webラジオ[編集]

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」銀座ラヂオ倶楽部』のタイトルで、2012年9月11日から2013年4月9日まで音泉にて隔週火曜に配信された。全15回。

パーソナリティ
  • 片桐勇介(有田喜助 役)
ゲスト
  • 宮内敦士(宮ノ杜正 役、第1 - 3回)
  • 田坂秀樹(宮ノ杜勇 役、第1・4・5回)
  • 梯篤司(宮ノ杜進 役、第6・7・12・13回)
  • 前田剛(宮ノ杜茂 役、第8・9回)
  • 泰勇気(宮ノ杜守 役、第10 - 13回)
  • 岡本信彦(宮ノ杜雅 役、第14・15回)

漫画[編集]

高木亜由美原作によるコミカライズ『華ヤカ哉、我ガ一族 夢桜ラプソデヱ』をCOMIC ポラリスにて2012年10月より配信していた。オムニバス形式で話によって作家が異なる。全七話。『華ヤカ哉、我ガ一族 夢桜ラプソデヱ アンソロジー』として書籍化された。

  • 第一話「誘ウハ苺ノ手袋、ソレトモ」(漫画:如花うさぎ)
  • 第二話「初接吻、責任ノ行方」前編・後編(漫画:佳井波)
  • 第三話「繋ガレタ手ノ先ニ」(漫画:もとむらえり
  • 第四話「全テヲ雪ニ染メテ」(漫画:千鳥ぺこ)
  • 第五話「近ヅク距離ト天カラ落チル物」(漫画:さおとめあげは)
  • 第六話「冷タイ手、溶ケル心」(作画:暁かおり)
  • 第七話「再ビ合ウ約束」(作画: 山田ぼたん)

舞台[編集]

華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド』のタイトルで、2013年4月23日〜5月1日まで星陵会館にて上演された。長男から三男までは担当声優本人が演じる。また、同年8月3日〜12日まで『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド 再会』のタイトルで再公演された。また、翌年の2014年12月12日〜12月21日(12月16日は休演)まで『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド 狂宴』が公演されている。

キャスト(初演・再会)[編集]

キャスト(狂宴)[編集]

関連商品[編集]

書籍[編集]

CD[編集]

  • 華ヤカ哉、我ガ一族 オリジナルサウンドトラック(ティームエンタテインメント、2010年7月21日、KDSD-384)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 ドラマCD 「賑わいませう、星降る聖夜に」(ランティス、2010年12月8日、LACA-15080)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 エンディング主題歌集(ランティス、2011年12月14日、LACM-4888)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク ドラマCD 〜宮ノ杜とらぶる〜(ティームエンタテインメント、2011年12月21日、KDSD-509)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク オリジナルサウンドトラック(ティームエンタテインメント、2012年1月25日、KDSD-527)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 ドラマCD 「宮ノ杜兄弟創作カレー」(加賀クリエイト、2012年11月)※レトルトカレーとの同梱販売
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 ドラマCD 「御杜銀座帝国最強呪いの宮ノ杜パーラー」(ランティス、2013年4月24日、LACA-15292)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ ドラマCD「宮ノ杜商店純米吟醸酒 玄一郎ノ予感」(司牡丹酒造、2013年2月3日)※イベント限定・吟醸酒との同梱販売

DVD[編集]

  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ 前篇(加賀クリエイト、2012年12月21日)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ 後篇(加賀クリエイト、2013年3月29日)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド(映劇、2013年8月14日)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ 特別版(加賀クリエイト、2013年9月20日)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド 再会(映劇、2013年12月20日)
  • 華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド 狂宴(映劇、2015年6月24日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2015年12月30日閲覧。
  2. ^ a b c B's-LOG2013年4月号』、エンターブレイン、2013年2月。

外部リンク[編集]