菅野重樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅野 重樹
人物情報
生誕 (1958-09-29) 1958年9月29日(59歳)[1][2]
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 ロボット工学
研究機関 早稲田大学
スタンフォード大学[3]
博士課程
指導教員
加藤一郎[4]
博士課程
指導学生
黄強[5]、渋谷恒司[6]、森田寿郎[7]尾形哲也[8]、岩田浩康[9]、金天海[10]菅佑樹[11]、有江浩明[12]、坂本義弘[13]
学位 工学博士(早稲田大学)[4]
主な業績 「工房」[14][15]
主要な作品 WABOT2、WABOT2-mkII、WAMOEBA-2、WENDY、TWENDY-ONE
学会 自動化推進協会計測自動制御学会IEEE日本ロボット学会、バイオメカニズム学会など
主な受賞歴 第1回日本ロボット学会技術賞、平成29年度文部科学大臣表彰(科学技術賞)[16]
公式サイト
菅野研究室
テンプレートを表示

菅野 重樹(すがの しげき、1958年(昭和33年)9月29日[1][2] - )は、日本のロボット研究者工学博士早稲田大学)。早稲田大学理工学術院創造理工学部教授。加藤一郎研究室で筑波科学博に出展した鍵盤演奏ロボット「WABOT-2」を開発し[17][18]、自身の研究室では世界初の卵を割れるロボットハンドを持つ「WENDY」[注釈 1]や人間共存型ロボット「TWENDY-ONE」を開発した[19][20][21]自動化推進協会理事長[22]計測自動制御学会会長[23]などを歴任。平成29年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)受賞[24]

来歴・人物[編集]

菅野はSFや機械が好きな子供で、加藤一郎研究室で開発されたヒューマノイドロボット「WABOT-1」に影響を受けて早稲田大学に進学する[25]1985年国際科学技術博覧会(通称「つくば科学博」)で鍵盤演奏ロボットの開発に関与。4肢の機構と制御を担当する[17]1986年、博士後期課程を単位取得退学し、理工学部助手に就任[26][3]。学位は1989年に取得する[4][3]。この間、WABOT-2の指を改良し、ピアノを演奏できるようにした[20]

菅野研究室では、パッシブコンプライアンスを持つロボットや、世界で初めてを割るロボット「WENDY」[注釈 1]を開発[21][20]。また、知能・感情を持つロボット「WAMOEBA」(ワメーバ)[注釈 2]シリーズの研究開発にも取り組んでいる[29][30][27]。バイオメカニズム学会では加藤一郎の後を受け、菅野研究室が事務局を引き継いだ[31]自動化推進協会では2001年5月から会長を務め、任期途中の2004年特定非営利法人化、2009年5月まで理事長を務めた[22]

2007年には人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を開発[32]。生物系特定産業技術研究支援センターや前川製作所と共同でイチゴ収穫ロボットにも取り組んだ[33][34][35]。フューチャーロボティックス(株)[36]では取締役を務める[37]。また、出身学生が代表を務めるベンチャー企業「東京ロボティクス株式会社」でも、技術顧問に就任している[38]

履歴[編集]

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

社会的活動[編集]

著作[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

解説(単著)[編集]

解説(共著)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「WENDY」はWaseda Engneering Designed sYmbiontから来ている[56]
  2. ^ 「WAMOEBA」はWaseda Artificial Mind On Emotion BAse、早稲田のアメー バの意味[27][28]
  3. ^ 受賞理由 - WABOT–2mk、受賞者 - 菅野重樹、加藤一郎[43]
  4. ^ 受賞論文 - 尾形哲也、菅野重樹『情動モデルを有する自律ロボットWAMOEBA-2と人間との情緒交流」、『日本機械学会論文集C編』第65巻第633号、1999年5月、1900-頁[44]
  5. ^ 受賞理由 - Advanced Roboticsを発展に導いたリーダーシップ[47]
  6. ^ 受賞論文 - A haptic feedback driver-vehicle interface for controlling lateral and longitudinal motions of autonomous vehicles[要出典].
  7. ^ 受賞論文 - Mitsuhiro KAMEZAKI, Hiroyasu IWATA, Shigeki SUGANO“A Pragmatic Approach to Modeling Object Grasp Motion Using Operation and Pressure Signals for Demolition Machines”. SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration. 7(6), 2014: 356-363. [48]
  8. ^ 受賞分野 - 研究、受賞理由 - 「人間共存ロボットの設計と制御に関する研究」[16]
  9. ^ 会長から理事長への変更は、法改正に伴う自動化推進協会の法人格取得のため[22]
  10. ^ IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics
  11. ^ IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems
  12. ^ IEEE International Conference on Robotics and Automation
  13. ^ IEEE International Conference on Robotics and Automation

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 尾形哲也、菅野重樹「自己保存に基づくロボットの行動生成 ―方法論と機械モデルの実体化」、『日本ロボット学会誌』第15巻第5号、1997年、710-721頁。
  2. ^ a b c d 教員の横顔”. 早稲田大学理工学部機械工学科. 2017年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 菅野研 2017.
  4. ^ a b c d 菅野 1989.
  5. ^ 黄強『移動型マニピュレータの安定性を考慮した運動計画に関する研究』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第1155号)〉、1996年10月17日。NAID 500000144811
  6. ^ 渋谷恒司『バイオリン演奏におけるスキルに関する研究』、早稲田大学博士学位論文(甲第1254号)、1998年3月5日。NAID 500000157557
  7. ^ 森田寿郎『人間共存ロボットのためのマニピュレータに関する研究』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第1294号)〉、1998年10月15日、NAID 500000173573doi:10.11501/3152696
  8. ^ 尾形哲也『内分泌系を参考としたロボットの感情モデルに関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第1425号〉、2000年3月2日、NAID 500000188478doi:10.11501/3167600
  9. ^ 岩田浩康『人間・ロボット觝触制御に関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第1745号〉、2003年3月6日。NAID 500000234796
  10. ^ 金天海『自律型ロボットにおける制御回路構造の学習手法 ―オンライン・リアルタイムなネットワーク構造の強化学習―』、早稲田大学(博士学位論文(甲第2581号)〉、2008年3月15日。NAID 500000435229
  11. ^ 菅佑樹『対話型進化的計算を用いた適応的な人間-ロボット間インタラクションに関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第2808号〉、2009年2月25日。NAID 500000473883
  12. ^ 有江浩明『ダイナミカルシステムによる新規な目標指向行動の生成に関する研究』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第3296号)〉、2011年2月25日。NAID 500000542937
  13. ^ Yoshihiro Sakamoto“Indoor positioning with GPS-compatible signals : Doppler positioning and proximate multi-channel pseudolite”, 早稲田大学博士学位論文〈甲第3908号〉、2013年2月25日、日本語題名『GPS互換信号を用いた屋内測位に関する研究 ―ドップラー測位と近接多チャンネルスードライト―』
  14. ^ a b 地平を拓く企業人を創る No.368/2016年2月号”. 宇部興産. 2017年8月20日閲覧。
  15. ^ a b 早稲田大学 様 コラボレーションの場の構築 事例紹介”. オフィス分野 > 導入事例. 内田洋行. 2017年8月20日閲覧。
  16. ^ a b c 平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞者一覧”. 11頁. 文部科学省. 2017年8月20日閲覧。
  17. ^ a b The Robot Musician ‘Wabot2′”, 日本のロボット研究, 日本ロボット学会, 2017年8月20日閲覧。
  18. ^ 加藤一郎、大照完、白井克彦、成田誠之助「鍵盤楽器演奏ロボット“WABOT-2” (WAseda roBOT-2)」、『日本ロボット学会誌』第3巻第4号、1985年、 pp.337-338。
  19. ^ 菅野重樹「ピアノ演奏ロボットWABOT-2Mk II用ハンド」、『日本ロボット学会誌』第7巻第5号、1989年、523頁。
  20. ^ a b c デイビー日高@ロボタイムズ (2013年9月2日). “オープンキャンパスで見た、早大の往年のロボットたち16台+αを一挙紹介 7 理工学術院 創造理工学部 総合機械工学科の菅野研究室のロボットたち”. マイナビニュース. 2017年8月20日閲覧。
  21. ^ a b 知の共創―研究者プロフィール ―ヒューマノイドを超えたヒューマンミメティックを追究する― 岩田浩康/高等研究所 准教授”. WASEDA ONLINE. 読売新聞社. 2017年8月20日閲覧。
  22. ^ a b c d 自動化推進協会の沿革”. 自動化推進協会, 2017年8月20日閲覧。
  23. ^ a b 菅野重樹「巻頭言『会長就任にあたって』―社会へ向けたSICEの情報発信―」、『計測と制御』第56巻第4号、2017年、239頁。
  24. ^ a b 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 理工学術院より4名の教員および職員から1グループが受賞”, News, 早稲田大学, 2017年8月20日閲覧。
  25. ^ ベネッセ 2015.
  26. ^ a b c d 菅野 2007, p. 1095.
  27. ^ a b 菅野・尾形 2006.
  28. ^ メッセージ 2001, p. 101.
  29. ^ 菅野 1997.
  30. ^ 菅野・尾形 2004.
  31. ^ a b 菅野重樹「バイオメカニズム学会データ」、『バイオメカニズム学会誌』第32巻第1号、2008年、13-15頁。
  32. ^ 森山和道 (2007年11月28日).“早大菅野研、人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を発表~受動的な人間追従能力を持ち、家庭内での介助補助等を目標”. Robot Watch. 2017年8月20日閲覧。
  33. ^ デイビー日高 2013, 2頁“日本発のロボットの国際学会「IROS」が四半世紀ぶりに日本で開催
  34. ^ デイビー日高 2013, 3頁“非製造業分野へのロボット展開に立ちはだかる日本の法規制
  35. ^ Tech-On!編集部 (2013年9月4日). “「実用に結びつくロボット研究を」3人の研究者が訴え (2/2ページ)”. 日本経済新聞社. 2017年8月20日閲覧。
  36. ^ 4腕・4脚の災害対応ロボ、フューチャーロボティックスが開発にめど”. 日刊工業新聞 (2017年4月5日) 2017年8月20日閲覧。
  37. ^ 会社概要”. フューチャーロボティックス. 2017年8月20日閲覧。
  38. ^ 会社案内”. 東京ロボティクス株式会社. 2017年8月20日閲覧。
  39. ^ a b c 菅野ほか 2013, p. 352.
  40. ^ 博士課程教育リーディングプログラム 採択プログラム一覧”. 事業のご案内. 日本学術振興会. 2017年8月20日閲覧。
  41. ^ メンバー”. 早稲田大学次世代ロボット研究機構. 2018年1月8日閲覧。
  42. ^ 昭和59~62年 過去の受賞者”.小野梓記念賞. 早稲田大学. 2018年1月8日閲覧。
  43. ^ a b 実用化技術賞”. 表彰. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  44. ^ a b 2000年度(平成12年度)日本機械学会賞受賞者”. 日本機械学会. 2017年8月20日閲覧。
  45. ^ 過去の受賞一覧 (2001年度)”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2017年8月20日閲覧。
  46. ^ IEEE RAS Distinguished Service Award”. Society Award. IEEE Robotics & Automation Society, 2017年8月20日閲覧。
  47. ^ a b 功労賞”. 表彰. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  48. ^ a b 2016年度計測自動制御学会学会賞の贈呈”. 計測自動制御学会. 2018年1月8日閲覧。
  49. ^ フェロー”. 学会のご案内 > 役員・委員会. 計測自動制御学会. 2017年8月20日閲覧。
  50. ^ 菅野 2006, p. 283.
  51. ^ フェロー”. 学会案内. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  52. ^ 菅野 2012.
  53. ^ 日本機械学会フェロー一覧”. 日本機械学会について > フェロー制度. 日本機械学会. 2017年8月20日閲覧。
  54. ^ 菅野・尾形 2006, p. 691.
  55. ^ 書籍紹介 メカノクリーチャ”. コロナ社. 2017年8月20日閲覧。
  56. ^ メッセージ 2007, p. 98.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

(動画・取材)

(研究者情報)