菅野重樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅野 重樹
人物情報
生誕 (1958-09-29) 1958年9月29日(59歳)[1][2]
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 ロボット工学
研究機関 早稲田大学
スタンフォード大学[3]
博士課程
指導教員
加藤一郎[4]
博士課程
指導学生
森田寿郎[5]尾形哲也[6]、岩田浩康[7]菅佑樹[8]、坂本義弘[9]
学位 工学博士(早稲田大学)[4]
主な業績 「工房」[10][11]
主要な作品 WABOT2、WABOT2-mkII、WAMOEBA-2、WENDY、TWENDY-21
学会 自動化推進協会計測自動制御学会IEEE日本ロボット学会、バイオメカニズム学会など
主な受賞歴 第1回日本ロボット学会技術賞、平成29年度文部科学大臣表彰(科学技術賞)[12]
公式サイト
菅野研究室
テンプレートを表示

菅野 重樹(すがの しげき、1958年(昭和)9月29日[1][2] - )は、日本のロボット研究者工学博士早稲田大学)。早稲田大学理工学術院創造理工学部教授。加藤一郎研究室で筑波科学博に出展した鍵盤演奏ロボット「WABOT-2」を開発し[13][14]、自身の研究室では世界初の卵を割れるロボットハンドを持つ「WENDY」や人間共存型ロボット「TWENDY-ONE」を開発した[15][16][17]自動化推進協会理事長[18]計測自動制御学会会長[19]などを歴任。平成29年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)受賞[20]

来歴・人物[編集]

菅野はSFや機械が好きな子供で、加藤一郎研究室で開発されたヒューマノイドロボット「WABOT-1」に影響を受けて早稲田大学に進学する[21]1985年国際科学技術博覧会(通称「つくば科学博」)で鍵盤演奏ロボットの開発に関与。4肢の機構と制御を担当する[13]1986年、博士後期課程を単位取得退学し、理工学部助手に就任[22][3]。学位は1989年に取得する[4][3]。この間、WABOT-2の指を改良し、ピアノを演奏できるようにした[16]

菅野研究室では、パッシブコンプライアンスを持つロボットや、世界で初めてを割るロボット「WENDY」を開発[17][16]。また、知能・感情を持つロボット「ワメーバ」シリーズにも取り組んだ[23][24][25]。バイオメカニズム学会では加藤一郎の後を受け、菅野研究室が事務局を引き継いだ[26]自動化推進協会では2001年5月から会長を務め、任期途中の2004年特定非営利法人化、2009年5月まで理事長を務めた[18]

2007年には人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を開発[27]生物系特定産業技術研究支援センターや前川製作所と共同でイチゴ収穫ロボットにも取り組んだ[28][29][30]。フューチャーロボティックス(株)[31]では取締役を務める[32]。また、出身学生が代表を務めるベンチャー企業「東京ロボティクス株式会社」でも、技術顧問に就任している[33]

履歴[編集]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

社会的活動[編集]

著作[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

解説(単著)[編集]

解説(共著)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 受賞理由 - WABOT–2mk、受賞者 - 菅野重樹、加藤一郎[36]
  2. ^ 受賞論文 - 尾形哲也、菅野重樹『情動モデルを有する自律ロボットWAMOEBA-2と人間との情緒交流」、『日本機械学会論文集C編』第65巻第633号、1999年5月、1900-頁[37]
  3. ^ 受賞理由 - Advanced Roboticsを発展に導いたリーダーシップ[40]
  4. ^ 受賞分野 - 研究、受賞理由 - 「人間共存ロボットの設計と制御に関する研究」[12]
  5. ^ 会長から理事長への変更は、法改正に伴う自動化推進協会の法人格取得のため[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 尾形哲也、菅野重樹「自己保存に基づくロボットの行動生成 ―方法論と機械モデルの実体化―」、『日本ロボット学会誌』第15巻第5号、1997年、710-721頁。
  2. ^ a b c d 教員の横顔”. 早稲田大学理工学部機械工学科. 2017年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 菅野研 2017.
  4. ^ a b c d 菅野 1989.
  5. ^ 森田寿郎『人間共存ロボットのためのマニピュレータに関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第1294号〉、1998年10月15日、doi:10.11501/3152696
  6. ^ 尾形哲也『内分泌系を参考としたロボットの感情モデルに関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第1425号〉、2000年3月2日、doi:10.11501/3167600
  7. ^ 岩田浩康『人間・ロボット觝触制御に関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第1745号〉、2003年3月6日。
  8. ^ 菅佑樹『対話型進化的計算を用いた適応的な人間-ロボット間インタラクションに関する研究』、早稲田大学博士学位論文〈甲第2808号〉、2009年2月25日。
  9. ^ Yoshihiro Sakamoto“Indoor positioning with GPS-compatible signals : Doppler positioning and proximate multi-channel pseudolite”, 早稲田大学博士学位論文〈甲第3908号〉、2013年2月25日、日本語題名『GPS互換信号を用いた屋内測位に関する研究 ―ドップラー測位と近接多チャンネルスードライト―』
  10. ^ a b 地平を拓く企業人を創る No.368/2016年2月号”. 宇部興産. 2017年8月20日閲覧。
  11. ^ a b 早稲田大学 様 コラボレーションの場の構築 事例紹介”. オフィス分野 > 導入事例. 内田洋行. 2017年8月20日閲覧。
  12. ^ a b c 平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞者一覧”. 11頁. 文部科学省. 2017年8月20日閲覧。
  13. ^ a b The Robot Musician ‘Wabot2′”, 日本のロボット研究, 日本ロボット学会, 2017年8月20日閲覧。
  14. ^ 加藤一郎、大照完、白井克彦、成田誠之助「鍵盤楽器演奏ロボット“WABOT-2” (WAseda roBOT-2)」、『日本ロボット学会誌』第3巻第4号、1985年、 pp.337-338。
  15. ^ 菅野重樹「ピアノ演奏ロボットWABOT-2Mk II用ハンド」、『日本ロボット学会誌』第7巻第5号、1989年、523頁。
  16. ^ a b c デイビー日高@ロボタイムズ (2013年9月2日). “オープンキャンパスで見た、早大の往年のロボットたち16台+αを一挙紹介 7 理工学術院 創造理工学部 総合機械工学科の菅野研究室のロボットたち”. マイナビニュース. 2017年8月20日閲覧。
  17. ^ a b 知の共創―研究者プロフィール ―ヒューマノイドを超えたヒューマンミメティックを追究する― 岩田浩康/高等研究所 准教授”. WASEDA ONLINE. 読売新聞社. 2017年8月20日閲覧。
  18. ^ a b c d 自動化推進協会の沿革”. 自動化推進協会, 2017年8月20日閲覧。
  19. ^ a b 菅野重樹「巻頭言『会長就任にあたって』―社会へ向けたSICEの情報発信―」、『計測と制御』第56巻第4号、2017年、239頁。
  20. ^ a b 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 理工学術院より4名の教員および職員から1グループが受賞”, News, 早稲田大学, 2017年8月20日閲覧。
  21. ^ ベネッセ 2015.
  22. ^ a b c d 菅野 2007, p. 1095.
  23. ^ 菅野 1997.
  24. ^ 菅野・尾形 2004.
  25. ^ 菅野・尾形 2006.
  26. ^ a b 菅野重樹「バイオメカニズム学会データ」、『バイオメカニズム学会誌』第32巻第1号、2008年、13-15頁。
  27. ^ 森山和道 (2007年11月28日).“早大菅野研、人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を発表~受動的な人間追従能力を持ち、家庭内での介助補助等を目標”. Robot Watch. 2017年8月20日閲覧。
  28. ^ デイビー日高 2013, 2頁“日本発のロボットの国際学会「IROS」が四半世紀ぶりに日本で開催
  29. ^ デイビー日高 2013, 3頁“非製造業分野へのロボット展開に立ちはだかる日本の法規制
  30. ^ Tech-On!編集部 (2013年9月4日). “「実用に結びつくロボット研究を」3人の研究者が訴え (2/2ページ)”. 日本経済新聞社. 2017年8月20日閲覧。
  31. ^ 4腕・4脚の災害対応ロボ、フューチャーロボティックスが開発にめど”. 日刊工業新聞 (2017年4月5日) 2017年8月20日閲覧。
  32. ^ 会社概要”. フューチャーロボティックス. 2017年8月20日閲覧。
  33. ^ 会社案内”. 東京ロボティクス株式会社. 2017年8月20日閲覧。
  34. ^ a b c 菅野ほか 2013, p. 352.
  35. ^ 博士課程教育リーディングプログラム 採択プログラム一覧”. 事業のご案内. 日本学術振興会. 2017年8月20日閲覧。
  36. ^ a b 実用化技術賞”. 表彰. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  37. ^ a b 2000年度(平成12年度)日本機械学会賞受賞者”. 日本機械学会. 2017年8月20日閲覧。
  38. ^ 過去の受賞一覧 (2001年度)”. 部門賞. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2017年8月20日閲覧。
  39. ^ IEEE RAS Distinguished Service Award”. Society Award. IEEE Robotics & Automation Society, 2017年8月20日閲覧。
  40. ^ a b 功労賞”. 表彰. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  41. ^ フェロー”. 学会のご案内 > 役員・委員会. 計測自動制御学会. 2017年8月20日閲覧。
  42. ^ 菅野 2006, p. 283.
  43. ^ フェロー”. 学会案内. 日本ロボット学会. 2017年8月20日閲覧。
  44. ^ 菅野 2012.
  45. ^ 日本機械学会フェロー一覧”. 日本機械学会について > フェロー制度. 日本機械学会. 2017年8月20日閲覧。
  46. ^ 菅野・尾形 2006, p. 691.
  47. ^ 書籍紹介 メカノクリーチャ”. コロナ社. 2017年8月20日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

(動画・取材)

(研究者情報)