加藤一郎 (ロボット研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 一郎
生誕 1925年5月2日
日本の旗 日本 千葉県
死没 (1994-06-19) 1994年6月19日(69歳没)
研究分野 ロボット工学サイボーグ工学
研究機関 早稲田大学
出身校 早稲田大学
博士課程
指導学生
高西淳夫[1](早稲田大学)
菅野重樹[2](早稲田大学)
山口仁一[3](早稲田大学、ヤマグチロボット研究所)
主な業績 人型世界初 WABOT-1
鍵盤演奏 WABOT-2
動完全歩行 WL-10RD
乳がん自動触診機 WAPPO-4
影響を
受けた人物
ミオミール・ブコブラトビッチ
主な受賞歴 紫綬褒章
正五位勲三等旭日中綬章
プロジェクト:人物伝

加藤 一郎(かとう いちろう、1925年5月2日 - 1994年6月19日)は、日本のロボット工学者紫綬褒章、正五位勲三等旭日中綬章

日本のロボット工学バイオメカニクスヒューマノイド研究の第一人者。義手の研究から人型ロボット研究に入り、1973年に世界初のフルスケール人間型ロボット「WABOT-1」、1984年に音楽演奏ロボット「WABOT-2」、動完全歩行する「WL-10RD」等を製作した。

千葉工業大学講師、早稲田大学助教授、教授、理工学部長を歴任。バイオメカニズム学会、日本ロボット学会、日本IFToMM会議の創立者、会長。早稲田大学教授在職中に逝去し、加藤研究室は弟子の高西淳夫菅野重樹に受け継がれた。


経歴[編集]

略歴[編集]

受章・栄典[編集]

社会的活動[編集]

  • バイオメカニズム学会(前身:人工の手研究会)(1979年 会長)
  • 日本ロボット学会(1983~1984年度(第1期)副会長、1985~1986年度(第2期)会長、1987~1988年度(第3期)監事)[5]
  • 日本IFToMM会議(設立準備委員会世話役、1978~1991年 副委員長、1992~1994年 委員長)[6]

著書[編集]

自著[編集]

  • 加藤一郎 『制御工学』 電気学会通信教育会 編、電気学会、1965年5月。
  • 加藤一郎 『自動制御論』 理工図書、1958年
  • 加藤一郎 『過渡現象論演習』 学献社〈最新電気工学演習集成 3〉、1962年4月。ISBN 978-4762318306
  • 加藤一郎 『世界初の二足歩行ロボット―バイオ・メカトロニクスの最前線』 朝日出版社〈Techno science〈2〉〉、1983年11月。

編集・監修[編集]

  • 『無人化工場への挑戦―工業用ロボットの話』 加藤一郎 編集、工業調査会1973年
  • 加藤一郎、尾崎省太郎 監修 『自動化設計便覧』 工業調査会、1973年
  • 『制御工学の実際』 加藤一郎 編集、昭晃堂、1976年
  • 『図解メカニカルハンド』 加藤一郎 編集、工業調査会、1977年10月。
  • 『動物のメカニズム』 加藤一郎 編集、朝倉書店、1980年9月。
  • 『工学的人間学―人間と機械の共生』 加藤一郎 編集、旺文社〈テレビ大学講座〉、1980年11月。
  • 『図解ロボットハンド』 加藤一郎 編集、工業調査会、1981年12月。
  • 『ロボットは人間を変えるか―ロボット・生命・人間のゆくえ』 加藤一郎 編集、講談社〈ブルーバックス(B‐536)〉、1983年6月。ISBN 978-4061181366
  • 『人間工学―工学的人間学』 加藤一郎 編集、放送大学教育振興会〈放送大学教材〉、1988年3月。ISBN 978-4145425416

翻訳[編集]

主な解説記事[編集]

その他[編集]

  • 『ロボットに心を持たせる話』、加藤一郎講師(名講義シリーズ)日本機械学会(製作・著作) , 丸善(発売)、ビデオ (カセット)

脚注[編集]

  1. ^ 高西淳夫 『2足歩行ロボットの動歩行に関する研究』 早稲田大学〈博士論文(甲第757号)〉、1988年3月。
  2. ^ 菅野重樹 『鍵盤楽器演奏ロボットに関する研究』 早稲田大学〈博士論文(甲第795号)〉、1989年3月。
  3. ^ 山口仁一 『2足歩行ロボットの安定歩行に関する研究』 早稲田大学〈博士論文(甲第1200号)〉、1997年3月。、山口が博士後期課程在学中に加藤は逝去し、加藤研究室は高西淳夫が継承。
  4. ^ 日本ロボット学会>表彰>設立特別功労賞、2014年2月6日閲覧。
  5. ^ 日本ロボット学会歴代理事会一覧、2014年2月14日閲覧。
  6. ^ 日本IFToMM会議実行委員会、2014年2月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

早稲田大学ヒューマノイドロボットの歴史、2014年2月14日閲覧。
『早稲田ロボットの歩み』-加藤研究室におけるバイオメカニズム研究-、2014年2月14日閲覧。
加藤 一郎 先生 早稲田大学、更新日時:2013.05.14 Tue.、2014年2月14日閲覧。