高西淳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高西 淳夫
Atsuo TAKANISHI
人物情報
生誕 (1956-04-12) 1956年4月12日(63歳)[1]
福岡県[2]
出身校 福岡県立修猷館高等学校[2]
早稲田大学
学問
研究分野 ロボット工学
研究機関 早稲田大学
マサチューセッツ工科大学
博士課程
指導教員
加藤一郎
博士課程
指導学生
山口仁一[3]、高信英明[4]、林憲玉[5]、菅原雄介[6]、石井裕之[7]、中楯龍[8]、遠藤信綱[9]
主な指導学生 玄相昊[10]
学位 工学博士(早稲田大学)[11]
主な業績 二足歩行ロボットの準動歩行、動歩行[12]
主要な作品 WL-10RD[12]
学会 日本ロボット学会、バイオメカニズム学会、日本機械学会計測自動制御学会、など
主な受賞歴 日本ロボット学会論文賞受賞(1997年)[12]
公式サイト
早稲田大学理工学術院高西淳夫研究室
テンプレートを表示

高西 淳夫(たかにし あつお、1956年4月12日[13] - )は、日本のロボット研究者早稲田大学工学博士早稲田大学創造理工学部総合機械工学科教授2足歩行ロボットの動歩行、ヒューマノイドロボット、咀嚼ロボット、顎運動障害者用開閉口訓練ロボット、顔ロボット、フルート演奏ロボット、ラット形ロボット、発話ロボットなどを研究[14][15]。 2014年公開のディズニー映画「ベイマックス」の制作協力をしており、エンディングクレジットにも名前が記されている。

略歴[編集]

(海外における役職)

著作[編集]

学位論文[編集]

  • 2足歩行ロボットの動歩行に関する研究』 早稲田大学〈博士学位論文(甲第757号)〉、1988年3月10日。NAID 500000035269

著書[編集]

学会誌記事[編集]

(解説)

(講演録)

(座談会)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出席者 - 有本卓、伊藤正美、加藤一郎、加藤了三、佐藤、高西淳夫、古荘純次、三浦宏文美多勉
  2. ^ 出席者 - 高西淳夫、梶田秀司佐野明人、藤本康孝、玄相昊、西脇光一、浅野文彦、杉原知道

出典[編集]

  1. ^ a b c 加藤一郎、小金澤鋼一、高西淳夫「乳ガン自動触診ロボット・WAPRO-4」、『日本ロボット学会誌』第5巻第2号、1987年、102-108頁。
  2. ^ a b 高西淳夫 1983, p. 203.
  3. ^ 山口仁一『2足歩行ロボットの安定歩行に関する研究』早稲田大学〈博士学位論文(甲第1200号)〉、1997年3月6日。NAID 500000144856doi:10.11501/3123980
  4. ^ 高信英明『咀嚼ロボットに関する研究』早稲田大学〈博士学位論文(甲第1258号)〉、1998年3月5日。NAID 500000157561doi:10.11501/3136683
  5. ^ 林憲玉『Control and mechanisms for collision-tolerant human friendly robots』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第1371号)、1999年3月15日。NAID 500000173650doi:10.11501/3152773
  6. ^ 菅原雄介『人間搭乗型2足歩行ロボットに関する研究』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第2247号)〉、2006年3月24日。NAID 500000345359
  7. ^ 石井裕之『ラットと小型移動ロボットとの相互適応に関する研究』早稲田大学〈博士学位論文(甲第2423号)〉、2007年3月15日閲覧。NAID 500000397099
  8. ^ 中楯龍『頸部血流計測用ロボットシステムに関する研究』、早稲田大学〈博士学位論文(甲第3589号)〉、2012年3月15日。NAID 500000559131
  9. ^ 遠藤信綱『全身情動表出ヒューマノイドの構成と表現に関する研究』早稲田大学〈博士学位論文(甲第3945号)〉、2013年2月25日。NAID 500000574741
  10. ^ a b c 座談会 2012.
  11. ^ a b 博士論文 1988.
  12. ^ a b c 学会誌論文賞”. 表彰. 日本ロボット学会、2018年1月6日閲覧。
  13. ^ 加藤ほか 1987, p. 108.
  14. ^ メッセージ 2007.
  15. ^ マイナビ2012.
  16. ^ アイボの先に人型ロボットが見える~ヒューマノイド・ロボットの展望~ 第491回二木会(2002年2月14日(木))”. 東京修猷会 (2002年3月2日) 2018年1月6日閲覧。
  17. ^ 第616回二木会講演会記録『ロボットが拓く未来社会〜産学連携の開発現場から〜』”. 東京修猷会 (2016年3月29日) 2018年1月6日閲覧。
  18. ^ a b 山口仁一、高西淳夫、加藤一郎衝撃緩衝材料を用いた足底機構による2足歩行の安定化と路面位置情報の取得」、『日本ロボット学会誌』第14巻第1号、1996年、67-74頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(関連動画)

(研究者情報)