菅英輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅 英輝(かん ひでき、1942年12月25日 - )は、日本政治学者。専門は、国際関係論、アメリカ外交史。九州大学名誉教授。博士(法学、一橋大学)。

来歴[編集]

熊本県生まれ。オレゴン大学政治学部卒業後、ポートランド州立大学およびコネチカット大学大学院で学ぶ。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部助手・講師・助教授・教授、九州大学大学院比較社会文化研究院教授、西南女学院大学人文学部教授を経て、京都外国語大学外国語学部客員教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『米ソ冷戦とアメリカのアジア政策』(ミネルヴァ書房、1992年)
  • 『アメリカの世界戦略――戦争はどう利用されるのか』(中公新書 2008年)
  • 『冷戦と「アメリカの世紀」 アジアにおける「非公式帝国」の秩序形成』岩波書店、2016

共著[編集]

編著[編集]

  • 『朝鮮半島――危機から平和構築へ』(社会評論社, 2004年)
  • 『アメリカの戦争と世界秩序』(法政大学出版局, 2008年)
  • 『冷戦史の再検討――変容する秩序と冷戦の終焉』(法政大学出版局, 2010年)
  • 『東アジアの歴史摩擦と和解可能性――冷戦後の国際秩序と歴史認識をめぐる諸問題』(凱風社、2011年)

共編著[編集]

  • グレン・フック、S・ウェストン)『アジア太平洋の地域秩序と安全保障』(ミネルヴァ書房, 1999年)
  • 石田正治)『21世紀の安全保障と日米安保体制』(ミネルヴァ書房, 2005年)

訳書[編集]