秋元英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋元 英一(あきもと えいいち、1943年 - )は、日本の経済学者。専門はアメリカ経済史。千葉大学名誉教授。元帝京平成大学教授。

略歴[編集]

  • 1943年 東京都に生まれる
  • 1966年 東京大学経済学部卒業
  • 1968年 同大学院経済学研究科修士課程終了
  • 1972年 同博士課程単位取得退学、関東学院大学経済学部講師(-1975年)
  • 1972年 関東学院大学経済学部講師(-1975年)
  • 1975年 関東学院大学経済学部助教授(-1979年)
  • 1979年 千葉大学人文学部助教授(-1981年)
  • 1981年 千葉大学法経学部助教授(-1987年)
  • 1987年 千葉大学法経学部教授(-2008年)
  • 1989年 経済学博士(東京大学)
この間、ノースカロライナ大学チャペルヒル校ウィスコンシン大学マディソン校などで在外研究。
  • 2008年 千葉大学名誉教授、帝京平成大学地域医療学部教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ニューディールとアメリカ資本主義――民衆運動の観点から』(東京大学出版会、1989年)
  • 『アメリカ経済の歴史 1492-1993年』(東京大学出版会、1995年)
  • 『世界大恐慌――1929年に何がおこったか』(講談社[選書メチエ]、1999年/講談社学術文庫、2009年)

共著[編集]

  • 菅英輝)『アメリカ20世紀史』(東京大学出版会、2003年)

編著[編集]

  • 『グローバリゼーションと国民経済の選択』(東京大学出版会、2001年)

共編著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]