菅聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅 聡子
(かん さとこ)
人物情報
生誕 1962年8月
福岡県福岡市
死没 2011年5月14日
埼玉県さいたま市
国籍 日本の旗 日本
出身校 お茶の水女子大学
学問
研究分野 日本近代文学
学位 博士(人文科学)
テンプレートを表示

菅 聡子(かん さとこ、1962年8月 - 2011年5月14日)は、日本近代文学研究者、お茶の水女子大学教授、文芸評論家[1]

経歴・人物[編集]

福岡県福岡市生まれ[2]福岡県立修猷館高等学校[3]を経て、お茶の水女子大学文教育学部人文科学科を卒業し、同大学院博士課程人間文化研究科修了[4]

2000年、「尾崎紅葉・樋口一葉の文学」で人文科学博士号取得。

お茶の水女子大学助教授を経て、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授[5]。専門は日本近現代文学。特に樋口一葉など女性文学研究を中心とする[5]

文芸評論家としても活動しており、あさのあつこ『新ほたる館物語』(ポプラ文庫ピュアフル[6]や阿川佐和子『屋上のあるアパート』(講談社文庫[7]林真理子『白蓮れんれん』[8]などの解説を担当している。ミステリー愛読者でもあり[9]森博嗣『詩的私的ジャック』『赤緑黒白』『ηなのに夢のよう』(いずれも講談社文庫[10][11][12]西澤保彦『異邦人 fusion』(集英社文庫)[13]などの解説を担当している。

2005年下期の『文學界』「新人小説合評」を佐々木敦とともに担当。

2011年5月14日、さいたま市の病院で死去。48歳没[1]

著書[編集]

  • 樋口一葉 われは女なりけるものを 日本放送出版協会 1997(NHK文化セミナー 明治文学をよむ)
  • 時代と女と樋口一葉 漱石も鴎外も描けなかった明治 日本放送出版協会 1999(NHKライブラリー)
  • メディアの時代 明治文学をめぐる状況 双文社出版 2001
  • 女が国家を裏切るとき 女学生、一葉、吉屋信子 岩波書店、2010

編著[編集]

  • 新日本古典文学大系 明治編 樋口一葉集 関礼子共校注 岩波書店 2001
  • 女性作家《現在》(国文学解釈と鑑賞別冊) 至文堂 2004
  • 息子より父母へ 家族へ-女性作家より 小平麻衣子共編 ゆまに書房 2004
  • 樋口一葉小説集 ちくま文庫 2005
  • セクシュアリティ(コレクション・モダン都市文化) ゆまに書房 2006
  • 日本女性文学大事典 市古夏生共編 日本図書センター 2006
  • 田辺聖子 戦後文学への新視角(国文学解釈と鑑賞別冊) 至文堂 2006
  • 「少女小説」ワンダーランド 明治から平成まで 明治書院 2008

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “一葉研究の菅聡子さんが死去 48歳”. 日刊スポーツ. (2011年5月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110516-776605.html 
  2. ^ 女が国家を裏切るとき 女学生、一葉、吉屋信子 : 菅聡子/著
  3. ^ 東京修猷会 第519回二木会(2005年3月10日(木))
  4. ^ 女が国家を裏切るとき / 菅 聡子【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  5. ^ a b 『女が国家を裏切るとき 女学生,一葉,吉屋信子』
  6. ^ (P[あ]1-8)新ほたる館物語 :あさの あつこ | ポプラ社
  7. ^ 『屋上のあるアパート』(阿川佐和子, 菅聡子):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
  8. ^ 白蓮れんれん| 林 真理子| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社
  9. ^ お茶の水学術事業会会報
  10. ^ 浮遊工作室 (ミステリィ制作部)
  11. ^ 浮遊工作室 (ミステリィ制作部)
  12. ^ 浮遊工作室 (ミステリィ制作部)
  13. ^ 異邦人/fusion| 西澤 保彦| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社