関礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関 礼子(せき れいこ、1949年11月 - )は、日本近代文学研究者、中央大学文学部教授。

群馬県出身。群馬県立渋川女子高等学校卒、1971年立教大学文学部英文科中退、1974年同日本文学専攻卒業、1984年同大学院博士課程単位取得満期退学、嘉悦女子短期大学専任講師、1989年亜細亜大学教養部助教授、97年教授、2001年経済学部教授、2011年中央大学文学部教授。1998年『語る女たちの時代 一葉と明治女性表現』でやまなし文学賞受賞。2008年日本近代文学会理事、2016年代表理事。樋口一葉が専門。

著書[編集]

  • 『樋口一葉をよむ』岩波ブックレット 1992
  • 『姉の力樋口一葉』筑摩書房(ちくまライブラリー) 1993
  • 『語る女たちの時代 一葉と明治女性表現』新曜社 1997
  • 『一葉以後の女性表現 ― 文体・メディア・ジェンダー』翰林書房、2003
  • 『樋口一葉』岩波ジュニア新書、2004
  • 『女性表象の近代』翰林書房、2011 

編纂[編集]

参考[編集]