茅野良男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茅野 良男(かやの よしお、1925年1月19日 - 2016年7月3日)は、日本の哲学者大阪大学名誉教授。ハイデッガーを中心としてドイツ哲学を研究した。

来歴[編集]

大分県生まれ。1949年東京大学哲学科卒。北海道大学助教授、教授、お茶の水女子大学教授、大阪大学人間科学部教授、1977年「ドイツ観念論の研究 絶対知の形成と成立」で京都大学文学博士。88年定年退官、名誉教授。大阪国際大学教授。

2016年7月3日に急性呼吸器不全のため死去[1]。91歳没。叙正四位[2]

著書[編集]

  • ディルタイ 有斐閣 1959 (人と業績シリーズ)
  • 歴史のみかた 1964 (紀伊国屋新書)
  • 実存主義入門 新しい生き方を求めて 1968 (講談社現代新書)
  • 弁証法入門 正しい認識を求めて 1969 (講談社現代新書)
  • 哲学的人間学 1969 (塙新書)
  • 初期ハイデガーの哲学形成 東京大学出版会 1972
  • 認識論入門 こころを考える 1973 (講談社現代新書)
  • ドイツ観念論の研究 絶対知の形成と成立 創文社 1975
  • ハイデガーにおける世界・時間・真理 朝日出版社 1981.11
  • 人類の知的遺産 75 ハイデッガー 講談社 1984.10
  • 中期ハイデガーの思索と転回 創文社 1985.12

共編著[編集]

  • 現代の哲学 藤田健治,柏原啓一共編著 学文社 1970 (現代哲学選書)
  • 哲学の歴史 柏原啓一共編著 学文社 1971 (現代哲学選書)
  • 哲学への道 学文社 1973 (現代哲学選書)
  • 西田哲学 新資料と研究への手引き 大橋良介共編 ミネルヴァ書房 1987.11
  • ドイツ観念論と日本近代 ミネルヴァ書房 1994.5 (叢書ドイツ観念論との対話)
  • 転換期としての日本近代 藤田正勝共編 ミネルヴァ書房 1999.6 (叢書転換期のフィロソフィー)

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 茅野良男教授研究業績「年報人間科学」1988

[編集]

  1. ^ 茅野良男さん91歳=大阪大名誉教授、哲学専攻 毎日新聞 2016年7月4日閲覧
  2. ^ 『官報』6835号、平成28年8月10日